カテゴリ: Twitter

こんにちは@fujitaijuです。

 

Twitterで毎月のツイート回数やツイートに対するリプライ数、ベストフォロワー、リツイートされたツイートなど自分のTwitterアカウントに対してのインフォグラフィックを作ってくれる「tweetsheet」が面白いです。

 

TwitterのIDを入れて解析が終わると以下の様なインフォグラフィックが出来上がります。青い部分がツイート数で、緑の部分がリプライ数です。

TweetSheet1

 

 

一番リツイートされたツイートやmention数の多いユーザーが表示されます。GEOGRAPHIC IMPACTはアメリカ限定のようです。

TweetSheet2

 

 

普通のインフォグラフィックはできたらそれで終わりですが、tweetsheetではできたインフォグラフィックを使ってちょっとしたミニゲームができます。左下にある鳥のマスコットをドラッグ・アンド・ドロップしてパチンコでインフォグラフィックに当ててハイスコアを狙ってみてください。

 

TweetSheet3

 

Vizify TweetSheet

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは@fujitaijuです。

 

TwitterがAPIの利用規約を変更したぐらいから日本でも話題になることが多くなってきたApp.net。知らないかたは「有料版Twitter」と思っていただければよいかと。私も以前から気になってはいたんですが、有料のサービスということもあり二の足を踏んでいました。ですが月$5という料金プランができたので、とりあえず試しに登録してみました。

 

App net

 

今回は登録や解約の方法、iPhoneでの使用感などをザーッと書きたいと思います。

 

ユーザーと支払い情報の登録

App.netを始めるにはユーザーとカードの情報を登録する必要があります。残念ながらPayPalは使えないようです。全て英語での登録になりますが、特に詰まる部分はないと思いますのでサクサク入力していきます。ユーザー名はTwitterと同じにしました。見かけたらフォローしてくれると嬉しいです。

App net登録1

 

こっちはカード情報の入力。CVCはクレジットカードの裏に書かれている3桁の数字のことです。ZIP(郵便番号)は入力しなくてもOKでした。契約するプランが自分の選んだものか念のため確認をしてください。

App net登録2

 

登録ボタンを押すと下記メッセージが出て仮登録完了となります。

App net登録3

 

 

仮登録完了後すぐに下記のようなメールが届くので、「Confirm Your Email」をクリックして本登録を完了させます。

App net登録4

 

App.netを使ってみる

App.netの使い方はTwitterとほぼ同じです。特に迷うことはなかったです。

 

ツイートはMy Streamから行えます。Twitterと違うのは制限文字数が140字ではなく256文字であることくらい。

App net使い方1

 

 

設定画面からはプロフィール画像やカバー写真の設定ができます。自己紹介文は文字数制限はないように思えました。

App net使い方2

 

 

言語を日本語に設定できますが、メニューが日本語になったりするわけではありません。なんのための設定なんでしょうか?日本語表示最適化のためとか?

App net使い方3

 

 

App.netの解約について

Twitterみたいに無料であれば、使わなくなったら放置しておけばいいですがApp.netの場合毎月料金が発生するので、自発的に解約をする必要があります。解約は設定の「Cancel Account」から行えますが、解約後60日まではアカウントの情報は保持されますが、60日を超えるとユーザー名がリリースされ今までツイートした情報を始め全てのデータが削除されるので注意が必要です。

 

この60日という日数は若干厳しいような気がしますが、よくよく考えてみると60日放置してるような人はそれ以降も使うことはないのかなと思いました。App.netとしてもいつまでも使わないデータを保持しているのはコストになるので当然の処置なのでしょう。

App net使い方4

 

 

App.netをiPhoneから使ってみる

RhinoというiPhoneアプリが無料で提供されていますが、それ以外はほとんどが有料アプリでした。とりあえずRhinoというアプリを使ってみましたが、こちらも使い勝手はTwitterと同じ。

 

また、画像はまだ投稿できないみたいですね。現在はα版なので将来的にはできるようになるかもしれません。というかなるでしょう。

App netをiPhoneから投稿

 

AppNet Rhino (Version 1.2) App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: 無料 (最新価格はStoreで確認してください)
現Ver.の平均評価: (無し / 0件の評価)
通算の平均評価: (1.0 / 1件の評価)

 

有料のアプリではTweetbotとの兄弟アプリである「Netbot for App.net」が評判良いみたいです。UIがほぼTweetbotと同じなのでTweetbot使っている人は すんなり入っていけるのではないでしょうか。

Netbot for App.net (iPhone edition) (Version 1.1) App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: ¥450 (最新価格はStoreで確認してください)
現Ver.の平均評価: (無し / 0件の評価)
通算の平均評価: (5.0 / 2件の評価)

 

App.net用のアプリ

App.netは上記で紹介したiPhoneアプリだけではなく、Mac用アプリやブラウザーのアドオンなどでたくさん出ています。App.netディレクトリでたくさんのアプリが紹介されているので、自分の環境と好みに合ったアプリで利用することができます。

 

App net対応アプリ

 

 

まとめ

まだαバージョンということで画像投稿ができなかったり、画面がものすごく簡素だったりしますが、有料ということもあり(言い方は悪いですが)変なツイートがないというか、わりと健全な場である印象を受けました。あと、ユーザーには技術者が結構多めですね。日本人と日本語もそれなりに行き交ってます。

 

有料なのでオープンなクローズドソーシャルになりかねないような気もしますが、TwitterやFacebookのように友達やフォロワーが増えれば気楽に楽しめるのかなと思います。まずはユーザーにどうやってお金を払って気持よく使ってもらうかとうところではないでしょうか。

 

正直な感想としてはこのままやっていてもライトなユーザーはとりこめないのでは?と思います。月$5からといっても、無料で同じようなものが使える環境下では有料の壁は高いですよね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは@fujitaijuです。

 

Twitterのプロフィールページの顔ともなるカバー写真、みなさん設定しているでしょうか?なかなか良い写真がないから…といった理由で設定しないのはもったいないです。

 

そんな人にはTwtterのカバー写真を集めたサイト「TwitrCovers」がオススメです。アートな写真から可愛い動物の写真まで350種類の美しいTwitterカバー用写真が満載です。

TwitrCovers

 

 

お気に入りの写真を見つけたら「Make This My Twitter Cover Now & Follow TwitrCovers」を押すだけで、自動的に自分のカバー写真として設定してくれます。

TwitrCovers2

 

 

これが設定されたカバー写真。ボタンひとつで自動設定してくれるのは気が効いてて良いですね。今はまだ種類が少ないので、もしかしたら他の人と被ってしまう可能性もありますが、細かいことは気にせず使ってみましょう(笑)

TwitrCovers3

 

TwitrCoversが用意した写真だけでなく、自分の好きな写真をアップロード→トリミング→カバー写真に自動設定みたいな機能があるとなお良いかもしれないですね。

Twitter Covers & Twitter Header Images - TwitrCovers.com
TWITTER COVERS & TWITTER HEADER IMAGES ...

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは@fujitaijuです。

 

最近Twitterでフォローしていない外人からDM(ダイレクトメール)がよくきます。こんな感じのやつ↓リンク先は短縮URLなのでどんなサイトなのかわかりません。

不審なTwitterダイレクトメール

 

別にクリックしたってどうってことないのでリンク先に行ってみるとTwitterそっくりのログイン画面(下記画像)がでてきました。ふふふ、微妙に似たURL(http://www.ivtwtter.com/)使ってるけどニセ物だってバレバレですよ。ここで本物のIDとパスワードを入れるとほぼ100%アカウントが乗っ取られるので絶対に入力しないようにしてください。

Twitterフィッシング詐欺1

 

適当なIDとパスワードを入れてログインしてみるとこれまた本物にそっくりな(というか同じ?)な画面になり、数秒すると本物のTwitterのサイトにリダイレクト(飛ばされ)ます。

Twitterフィッシング詐欺2

 

ちなみにこれのFacebook版もありますので同様に注意してください。今回のこの記事を書くためにスクリーンショット撮ろうと思ったらすでにフィッシング詐欺の通報がされて見れなくなってました(笑)

Twitterフィッシング詐欺3

 

とりあえず見知らぬ外人からリンク付きのDM来たら開かずにそのユーザーをスパム報告しておきましょう。日本人から来た場合も同様ですね。あとリプライ飛ばしてくるパターンもあるので、これも気をつけてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは@fujitaijuです。

 

先日発表されたTwitterの仕様変更により、本日9月28日(日本時間)よりTwitterトリガーのレシピが使えなくなっています。というよりかすでにレシピは削除されてしまっています。私の場合、Twitter→Facebookのような使い方をしていたのでこれができなくなってしまいました。

IFTTT Twitterトリガー使用不可

 

実際、下記画像のようにトリガー選択画面からTwitterの項目は削除されて選べなくなってしまっていますね。非常に便利だっただけにとても残念です。

 

IFTTT  Create Recipe

 

代替サービスを探さねば。。。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ