カテゴリ:WordPress > WordPressプラグイン

 

こんにちは@fujitaijuです。

 

WordPressのバックアップや移行をメチャクチャスムーズに全自動でやってくれるBlogVault。先日サーバー移行をしたんですが、さくらVPSからエックスサーバーに移行するのにボタンを3回ほど押しただけで、DBから画像データから何から何まで全自動で移行してくれました。

 

 

BlogVault WordPress Backup system

 

今回の移行でやったことといえば、ブラウザから何回かボタンをポチポチ押したのと、ネームサーバーを変更しただけ。あとはコタツに入って1時間ほどヌクヌクしてたら完璧に移行できていました。BlogVault本当に便利だぜ。毎月$9でこの便利さと安心さが手に入るなら安いですよホント。ちなみにBlogVaultの内容や導入方法については以前に詳しく書いているのでコチラを参照してください。

 

[太]BlogvaultでWordPressを完全自動バックアップ。わずか$9でブログを守れて絶大な安心も手に入る。 | Fujitaiju Blog -There is no border in the Internet!-
WordPressを使っている人でプラグインを使ってバックアップをとっている人は多いと思います。blogVaultに出会うまでは私もその一人でした。blogVaultはサーバーにあるWordPress ...

 

締め日の途中でのプラン変更の場合、料金はどうなるのか?

というわけで、アホみたいに便利なBlogVaultなんですが、今まではメインブログである当ブログのバックアップしかとってなかったんですよね。$9だと1つのブログしかバックアップしてくれません。でもどうせだったら管理してるブログ全部バックアップとっておきたいとなーと思って3つのブログまで登録できる$19のプランに変更してみました。

 

ここで気になっていたのが締め日以外の日にプラン変更をすると料金はどうなるのかということ。BlogVaultのヘルプページを探しても見当たらなかったのでサポートに直接聞いてみました。結果としては下記のように返信があり、「アップグレードする時は、現在のプランを一旦解約して新しいプランにするよ。その際、料金は按分(日割り)するよ」ということで一安心。内心、二重課金になるんじゃないかと思ってましたが大丈夫でした。

 

Once you upgrade, we will cancel the previous subscription. We will also refund the previous charge on a pro-rata basis.

 

 この回答の後、新しいプラインを契約したら、前のプランは光の速さで解約してくれてました。

 

サポートの返信が異常に速い

今回のプラン変更で一番驚いたのがサポートの返信の速さ。もはや神業レベルの速さでオシッコちびるくらい丁寧で速かったことに驚きました。

 

日本時間でAM 6:30にコンタクトフォームから質問を送って、返ってきたのがなんと15分後。何通かメールのやりとりをしたんですが、あっちからの返信は全て30分以内。驚くべきスピード。外国のユーザーサポートって、雑で遅いイメージがありますが、全然そんなことはなかったです。

 

この手のバックアップサービスの中では安価な方なのにこの迅速対応は頭が下がります。

 

最後に

というわけで、ユーザーサポートの素晴らしさに感激してしまったわけなんですが、BlogVaultはWordPressのバックアップだけでなく、移行する際にも激しくオススメです。もちろん異なるドメイン間の移行もへっちゃらですよ。移行中にやることと言ったらこたつに入ってミカン食べてくるくらいです。

 

今までバックアップ系のプラグインをいくつも使って、完璧に戻せるかどうかわからないバックアップファイルを取得して管理していたのが馬鹿らしくなるくらいのラクチンサービスです。その代わりお金はかかりますが、ブログを資産だと考えているのであれば決して高くはない(1サイトだったら$9)と思うのでWordPressブロガーの方は選択肢の一つとして考えてみても良いんじゃないでしょうか。

 

本気で導入を考えている方はTwitterやコメント欄でからんでくれれば、分かる範囲でお答えします。遠慮無くどうぞ!

Blogvault

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは@fujitaijuです。

 

Webサイトを運営している人はご存知化と思いますが、存在しないURLをユーザーに指定されると404エラーが発生します。その時に表示されるエラー画面によって、見ている人の印象は結構違うもんだと私は感じています。

 

404エラーが出て何も表示せずそれでおしまいのサイトと、他のオススメ記事を表示するサイトでは後者のサイトの方がユーザーフレンドリーに作ってありますし、PV数も上がります。かといって404エラー専用のページを作るのも面倒だなぁと思っている人にオススメなWordPressのプラグインが「Custom 404 Error Page」というプラグインです。

WordPressプラグイン Custom 404 Error Page

 

 

このプラグインでは、404エラーが出たときのテンプレートを提供してくれ、自分でカスタマイズするのは表示するメッセージとアイコンのみになっています。あと、オプションで任意のリンクを表示することができます。メッセージの下には任意で選択された投稿が5つ表示されるようになっています。

 

下記画像は私が運営しているWordPressテーママニア!で404エラーを出してみた画像です。

WordPressプラグイン Custom 404 Error Page エラーページ

 

 

上記画像の右下にいるお兄さんのアイコンは他のものがデフォルトで用意されていて、全部で24種類の中から選択することが可能です。もし、自分で作った画像を表示させたければ「/wp-content/plugins/custom-404-error-page-unlimited-designs-colors-and-fonts/custom_img」に画像を保存すれば設定画面から選べるようになります。

WordPressプラグイン Custom 404 Error Page Icons

 

 

こちらがプラグインの設定画面。背景色やパターン、フォントのサイズや色などひと通りのカスタマイズはできるようになっています。

WordPressプラグイン Custom 404 Error Page 設定ページ

 

デフォルトで用意されている画像が若干アメリカっぽくて馴染まないサイトもあるかもしれませんが、画像は自分でも用意できるので404を作るのが面倒な人には使えるプラグインだと思います。

WordPress › Custom 404 Error Page: Unilimited designs and colors « WordPress Plugins
Custom 404, creates a 404 page that is set to the default one of your WordPress installation. This p ...

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは@fujitaijuです。

 

WordPressのテーマのトップページで、アイキャッチ画像を表示するテーマではアイキャッチが設定されていないと空白になって表示されてしまった経験があると思います。あれって閲覧者からすると「このブログ、ちゃんと運営しているのかな?」と思われかねません。

 

そんな時には、投稿時にアイキャッチをわざわざ設定しなくても、タグやカテゴリーに応じて自動設定してくれる「Default Thumbnail Plus」が便利です。普通のプラグイン同様インストールしたらダッシュボードの設定→Default Thumb Plusから設定を行います。

WordPressプラグイン Default Thumbnail Plus

 

このプラグインの優れているところはタグやカテゴリーに応じて表示するアイキャッチを動的に変更できるところです。なので、上記画像のようにWordPressというタグであればこの画像、プラグインというカテゴリーであればあの画像という使い分けができるのです。

 

どのタグやカテゴリーにも属さない場合に表示させるデフォルトアイキャッチを指定しておくこともできます。上の画像で言えば一番上の画像がそれですね。

 

アイキャッチが表示される優先順位は以下のようになっています。

 

  1. 手動で設定したアイキャッチ。
  2. 記事中に挿入された画像(但し、このプラグインの設定画面で「Use image attachment if available」にチェックを入れた場合のみ)。
  3. Default Thumbnail Plusでタグやカテゴリーに応じて設定した画像。
  4. Default Thumbnail Plusで設定したデフォルト画像。

 

まぁ、通常であればAuto Post Thumbnailのようなプラグインを使って、アイキャッチを自動的に設定している人が圧倒的だと思いますが、タグやカテゴリーでアイキャッチ画像を自動で変更したいといった人や、自動で設定されては困るといった人にはかなり使えるプラグインだと思います。

Default Thumbnail Plus

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは@fujitaijuです。

 

人間、「あと何日」ってわかってると今までの怠けっぷりが嘘かのように行動できたりするもんですよね。そんな怠け者の人にオススメなのが「Milestone」というWordPressのプラグイン。

 

指定した日までの残り日数をウィジェットに設定してサイドバーやフッターに表示させることができます。怠け者にオススメと書きましたが、イベント系ブログで「このイベントまであと何日」みたいな感じで告知するのが有効な使い方かもしれません。

 

普通のプラグインと同様にインストールしたらウィジェットから日付とメッセージを指定するだけです。下記画像では2012年12月31日を指定しました。

WordPressプラグイン Milestone 設定画面

 

これを表示してみるとこんな感じになります。結構シンプルなデザインです。

WordPressプラグイン Milestone

 

指定した日時を過ぎるとウィジェットの「Messeage」のところに書いた文が表示されます。手軽にカウントダウンが表示できるので結構使いどころはあるのではないでしょうか。

※サーバーの時計に依存しているようなので、サーバーが海外にあったりすると少し時間がずれる可能性があるので注意してください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは@fujitaijuです。

 

WordPressでブログを運営する際に、Google Adsenseやバナー広告を貼って収益化を図りたい人もいるでしょう。広告でなくともなにかしらの画像を綺麗に揃えて貼りたいという場合もまた然り。そういう人は『Ad Squares Widget』というプラグインを使うと幸せになれます。

 

Ad Squares Widgetはウィジェット内に125x125ピクセルのバナー広告を簡単に表示させることができるプラグインです。海外のサイトでよく見るこういうやつ↓がお手軽にできちゃいます。

WordPressプラグイン Ad Squares Widget 表示例

 

 

一度に表示できるバナーの数は2,4,6,8のいずれかから選択でき、バナー同士の間隔(padding)も設定できます。表示させるバナーは事前に画像としてWordPressにアップロードしておいて、Code欄にimgタグを使って書くという感じです。そんなに難しい設定ではないので、下記設定画面の画像を見ればやることはなんとなく想像がつくと思います。

WordPressプラグイン Ad Squares Widget 設定画面

 

また、Codeの欄にはPHPを使うことができるので、例えば下記のように条件分岐を使ってあるカテゴリーのページの場合にはこのバナーを表示するといったこともできてしまいます。

 

<?php if(is_category("WordPress")): ?>

 

  WordPressに関する広告を挿入

 

<?php elseif(is_category("iPhone")): ?>

 

  iPhoneに関連する広告を挿入

 

<?php else: ?>

 

  それ以外の広告

 

<?php endif; ?>

 

 

ウィジェットに広告やバナーを貼ってみたいけど綺麗に整列させて表示させることができないという人は使ってみてください。設定は簡単で難しいことは何もないプラグインなのでオススメです。

Ad Squares Widget

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ