カテゴリ: 音楽

こんにちは。

わりとライトなオーディオマニアの@fujitaijuです。

 

ヘビーなオーディオマニアじゃないけど、そこそこの音質で音楽を楽しみたいという人にもってこいと噂のiBUFFALO BSSP10を購入したのでレビューというか感想を書いてみようと思います。

 

BSSP10についてるスピーカーは二束三文

まず前提として、このBSSP10には一応スピーカーがついていますが、この付属スピーカーは自体は良いものではないということ。音質的にはコストパフォーマンス抜群のCreative ステレオスピーカー Inspire T10 IN-T10よりも劣るモノです。アンプに繋げてようやく同等の音質になるといった感じでしょうか。

 

Amazonとかの評価を見てもらえればわかりますが、あくまでアンプとしての評価なんですよね。なので私もスピーカーは別途買うつもりでこのアンプを購入しています(ちなみに狙ってるスピーカーはJBL CONTROL1XT(ペア) Control Monitor Loudspeaker)。

 

開封

前置きが長くなりましたが、ようやく開封です。外箱の大きさは30cm四方の正方形といった感じで、電気屋で買っても軽々持って帰ってこれるくらいの大きさで、重さは1.8kgです。

BAFFALO BSSP10 6

 

内容物はアンプ、スピーカー、ACアダプタ、LINEケーブル、説明書のみ。スピーカーケーブルはスピーカー本体に直付けされています。

BAFFALO BSSP10 5

 

正面から撮影。アンプはメチャクチャ小さいです。

BAFFALO BSSP10 4

 

背面は普通のアンプみたいですね。入力音源はLINE入力のみ対応しています。

BAFFALO BSSP10 3

 

スピーカーケーブルはプラスとマイナスで色が分かれている親切設計。まぁ、このスピーカーはそのうち使わなくなってしまうわけですが。。。

BAFFALO BSSP10 2

 

電源を入れてみたところ。ちょっとボケてわかりにくいですが、上に乗ってるのはiPhone5です。いかにアンプが小さいかわかると思います。

BAFFALO BSSP10 1

 

 

期待の音質は?

このBSSP10の最大の売りは、BBEテクノロジーという独自の技術にあります。下記に公式説明を引用しましたが、圧縮された音源を原音に近い音で再生する技術ということになります。

 

『原音の忠実なる再現』BBEテクノロジー採用の高音質モデル
MP3形式などパソコンやモバイル音楽プレイヤー用に圧縮した音楽データを、原音に近いクリアな音質に復元するBBEテクノロジー。そのBBEテクノロジーを採用した超高音質スピーカーです。
圧縮された音楽データは高域の位相を正しく保てず、また多量の高調波が圧縮時に捨てられてしまうため、非圧縮のCDに比べ、曇って聞こえてしまいます。この曇った音を以下の2点の作用により解決するのがBBEテクノロジーです。

 

アンプにはこのBBEテクノロジーのON・OFFを切り替えるボタンがあるんですが、OFF状態で再生すると音はかなり酷いです。なんというか敢えて表現するとカラッカラの音っていう感じですかね。重みが全くない感じです。

 

ところが、BBEテクノロジーボタンをONにするとさっきの音はなんだったんだ!?というくらい音質が向上します。私がデスクトップスピーカーとして愛用しているBOSE Companion3にあと少しで追いつきそうなそんな感じの音。付属のクソスピーカーですらこの音なら、それなりのスピーカーを繋いだらどうなるだろうと胸がときめきまくりでした。

 

 

BSSP10はこんな人にオススメのアンプ

相当なポテンシャルを秘めている割にはお手頃価格のBSSP10なわけですが、次のような人にピッタリなアンプだと思います。ちなみにスピーカーは別途購入することが条件です(まぁ、付属のスピーカーでもそこそこ楽しめますが)。

 

  1. 6畳〜8畳くらいの少し小さめの部屋でゆったりと音楽を楽しみたい。
  2. アンプに万単位のお金は出せないけど、それなりの音で音楽を聴きたい。
  3. そもそもピュアオーディオのアンプなんか大きくて置く場所ないぜ!という人。

 

問題のスピーカーですが、2本セットで1万〜2万くらいの価格帯のものが合うような気がします。1万円を切るオーディオ用スピーカーはそもそもあまり無いですし、2万以上になるとこのアンプではハイスペック過ぎます。私のオススメとしては以下の様なスピーカーでしょうか。

 

 

 

 

 

デスクトップスピーカーとしてギリギリ使える大きさのものであればさきほど紹介したJBLのスピーカーが良いと思います。ちなみに私はコレを購入予定です。

 

どうしても1万円を切るものが欲しい!ということであればこれなんか良いと思います。

 

逆に少し背伸びして良い物をということであればDALIのこれなんか良いですよ。

 

まぁ、どのスピーカーを買うにせよ自分の耳で実際に聴いて買うのが一番なので、大きめの家電量販店に行って視聴してみるのが良いと思います。iPodに音楽入れて持っていって店員さんにお願いすれば視聴させてもらえますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは@fujitaijuです。

 

パソコン用スピーカーを探したことがある人なら一度は目にしたことがあるであろうハーマン社のSoundSticksというシリーズのスピーカー。発売から12年を過ぎても基本的な形状はほとんど変化していません。そしてこれの最初のモデルをデザインしたのがAppleのジョナサン・アイヴ氏だというの初めて知りました(写真は最新のSoundSticks)。

Harman kardon Soundsticks1

 

 

2000年に発売されたiMac G3の透明な本体に合わせてジョナサン・アイヴ氏がデザインしたもので、初期モデルは「iSub 2000 Subwoofer and SoundSticks」という名前で発売されました。ハーマン社とAppleは提携していたので名前に「i」という文字が入っています。

 

下記画像は2000年当時のもので、現在のものと比べてほとんどデザインが変わっていないのが分かると思います。

Harman kardon Soundsticks3

(via:Sparkfactor : Portfolio : iSub Case Study)

 

Harman kardon Soundsticks2

(via:Macworld Conference&Expo / NewYork 会場レポート)

 

最初のモデル以降はジョナサン・アイヴ氏がデザインすることはありませんでしたが、2012年現在でも最新モデルが発売され続けその姿はほとんど2000年当時と変わりません。12年経っても古さを感じさせないデザインというのは凄いですね。さすがAppleのインダストリアルデザイングループのボスなだけあります。

 

現在ではBluetooth内蔵モデルも発売されており、写真で見る見た目は奇抜で若干安っぽさがありますが、実際に見て視聴してみるとむしろ高級感が漂い音も抜群に素晴らしいスピーカーです。私はPC用スピーカーとしてBOSEのCompanionを使っており、これを買うときにはSooundSticksと迷った記憶があります。結局はBoseのスピーカー購入しましたがあの時Apple信者だったらSoundSticksを買っていたかもしれません(笑)

 

by カエレバ
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

iPhone4からiPhone5になってスピーカーの性能が地味に上がっていると思っている@fujitaijuです。

 

iPhoneをドックスピーカーに挿してコンポ代わりにしている人は結構いると思いますが、それなりなお値段するんですよね。なんとか手作りできないか!と考えたことがあるのは私だけではないはず。

 

そんな中プリングルスの空き容器とクリップなど簡単に手に入るものを使ってiPhoneドックスピーカーを作ってしまった強者がいました。

Pringles speaker before

 

 

必要道具は次の6つだけ!プリングルス以外は家にあるものばかりですね。クリップは円筒状のプリングルスを支えているだけなので、他のものでも代用できそう。

 

  1. プリングルス(なんの味でもOK。にんにく味はやめたほうがいいよ!)
  2. トイレットペーパー
  3. カッター
  4. クリップ2個
  5. 塗装用スプレー(無くてもOKかな)
  6. テープ

 

詳しい制作手順はMashableを参照してください。

完成品がコチラ!おぉ〜かっこい..くはないですが、激安簡単にスピーカーができると思えばまぁまぁいいかもしれません。ネタにもなりますし。音質が非常に気になりますね。

Pringles speaker

 

 

動画を見る限り、音質はいまいちよくわかりません。唯一わかるのは音の指向性が良くなることくらいでしょうか。小さな音量で遠くまで音を飛ばすにはいいかもしれません。

 

まぁ、ちゃんと聞くならやっぱりしっかりした製品を買うのが一番です(笑)

by カエレバ
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。@fujitaijuです。

 

3年前からインドネシアのガムランという民族音楽にハマっています。ガムランに明確な定義はないようですが、Wikipediaによると次のような定義になっています。

 

ガムラン(インドネシア語: gamelan) とは、東南アジアのインドネシアで行なわれている大・中・小のさまざまな銅鑼や鍵盤打楽器による合奏の民族音楽の総称である。広義では、インドネシア周辺のマレーシア、フィリピン南部スールー諸島などの地域の類似の音楽をも含める場合がある。 欧米や日本などでは、ガムラン音楽、Gamelan music などとも呼ばれる。

 

とりあえずどんな音楽なのか聴いてみてください。

 

上記動画では青銅製楽器が目立ちますが、私は竹製の木琴(リンディック-Rindik)を使ったガムランが一番好きです。竹でこんなに綺麗な音がでるのか!と驚きます。

 

どうでしょうか?一つの楽器だけしか使っていないのに、とても豊かな音だと思いませんか?それと同時に同じ音楽でも使う楽器が違うだけでここまで印象が変わるのもとてもおもしろい。

 

西洋音楽のように音がキッチリしているのではなく、悪く言えばいい加減な音もガムランの神秘性を出す要因の一つではないかなと思います。このいい加減で不安定さがある音を私の中では「気持ちのいい不協和音」と勝手に読んでます。

 

バリ島に行った際にはCDショップでガムランのCDを買ってみることをおすすめします。大体一枚50,00Rpくらいで売っており、日本で買うよりは断然安いです。私はサヌールのHardy'sというスーパーマーケットに入ってるCD屋さんで買ったことがあります。

ガムランCD7

ガムランCD0

 

たくさんあってどれを買ったらいいか分からない時は店員さんに聞いてみましょう。「I like gamela music. Your recommendation please.」とか言えばオススメを教えてくれますよ。値札が付いてる商品は値引きはないので値切るのは厳禁です。

 

ちなみにこれはHardy'sの外観。タクシー運転手が入り口に群がってます。

サヌールHardy s

 

日本でサクっと買いたいなら以前書いたエントリがありますよでこちらを参考にしてみてください。

[日記]バリのガムランミュージックでヒーリング。オススメCDはコレ! | Fujitaiju Blog -There is no border in the Internet!-
みなさんはバリ島に行ったことはあるでしょうか。自分は3回程行ったことがあるのですが、日本には無い雰囲気と香り、バリヒンドゥーの壮厳さに虜になってしまっています。 で、バリのお土産屋さんとかお店に入る ...

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

コーヒー豆を買うのは地元のひばりコーヒーと決めてる@fujitaijuです。

 

自宅でコーヒー飲みながら作業するのに最適な曲をiTunesストアで集めてみました。

かなり個人の好みが入ってますがあしからず。

視聴もできるのに聴いてみてください。

 

Coffee Break Bossa2

歌入りは少なめなので、歌が入ってると気が散るという方にはいいかも。

20曲入っててこの値段は安い!

 

コーヒー・ブレイク・ジャズⅢ

カバー曲あり、有名歌手の曲ありの盛りだくさんのアルバム。

全部歌入り。街歩き用途してもいいと思います。

これも20曲でこの安さ。個人的にかなりおすすめ。

 

カフェ・ミュージック・セレクト・30・ソングス・プラス

全て歌入り。30曲で900円とめちゃ安。

これもかなりおすすめ。 

 

カフェで流れるラウンジJAZZ 特選20

完全歌なし。集中したい時におすすめのアルバム。

聴いてるとすごく落ち着いてくるので、夜寝る前に聴くのも悪くないかも。

 

静かな夜のカフェ ~BGM JAZZ~

 軽めのJAZZ多め。

曲のみ歌はなし。

 

夜カフェ・ブルーノート

なんか夜のカフェとかバーでかかってそうな感じ。

確実に昼向きではないですね。歌は入ってません。

1曲1曲が長め。

 

Café de Bossa

フランスの歌手 Purchase, but that's all lies!>Clementine(クレモンティーヌ)のボサノバ。

声がきれいですごく落ち着く。

 

Loose Fit

ポップスという位置づけだけど、コーヒーブレイクに合うので紹介。

日本ではあまり有名ではないオランダ出身のRuben Hein(リューベン・ハイン)という人のアルバムですが結構良いと思いますよ。

 

こういう曲聴いてると一度醒めたオーディオ熱が再燃してしまいそうです。。。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ