カテゴリ: 旅行

こんにちは@fujitaijuです。

 

5月のゴールデンウィークにスペイン旅行に行く予定で、旅先の列車の予約を取る際にRenfe(スペイン国鉄)のサイトを使っていて、あまりに不親切さ、使いにくさに切れそうになったので、同じような苦労をする人がいなくなるよう、ここに詳細を書き留めておこうと思います。

 

Renfeの予約で困っている方はぜひ参考にしてみてください。

 

Renfeの特徴

  • 日本のクレジットカードはほとんどはじかれて購入することが難しい。
  • サイトの言語を英語にしても、細かいところがスペイン語になっていてお手上げになる。
  • サイトの作りがわかりにくい(アイコンの説明が違うページにあったりする)。
  • 値段体系が複数あって、日本の鉄道に慣れているとかなりわかりにくい。

 

クレジットカードで予約できない

上記特徴の中でも特に際立ってダメなところがクレジットカードでの決済です。Googleで「Renfe クレジットカード」で調べてみてください。どうやっても買えないという悲痛の叫びで検索結果が溢れかえります(笑)

 

これは日本だけでなく、米国でも同様の現象が発生しているようで、どうやらヨーロッパ圏のクレジットカードでないとうまく決済ができないようです。Renfeの決済システムがなにやら脆弱で、日本のクレジットカード会社は決済時にはじいてしまっているとのこと。

 

それでも購入できるクレジットカードもあるようですが数は少ないみたいです。実際、私もVISA、JCBのカードを4枚試してみましたが全て購入することはできませんでした。

 

下記画像は購入完了直前で出るエラーメッセージ。クレジットカード会社によって、出るエラーも異なるのでかなりたちが悪いですね。ちゃんと途中でエラーになってるなら良いんですが、予約はできないのにカードが切られてるんじゃないかと思うとヒヤヒヤです。

 

AUTHENTICATION TRANSACTION FAILED BECAUSE OF YOUR BANK. PLEASE CONTACT YOUR CREDIT CARD BANK TO GET TO MORE DETAILS.

PARCOカード JCBエラー

 

Call Means of Payment TEL 91-3344553. Purchase process interrupted. (9082) 

楽天カードエラー

 

英語表記に混じるスペイン語

Renfeのサイトは7ヶ国語の表記に対応しています。普通の日本人であれば恐らく英語表記のページを選択するでしょう。しかしこれもクセモノで、ところどころにスペイン語が混じります。これ、辞書とか持ってないと意味がわからないので詰みます。

 

例1

各列車の値段リストに出てくる下記画像の表記。TuristaもPreferenteもスペイン語です。

Turista:英語だとTuourist。二等席や普通席と思っておけばOK。

Preferente:英語だとpreferentialやspecialという意味。一等席やグリーン車みたいに感じです。

Passengers  Timetables

例2

 

 

 

PやP+などの意味のわからない記号

購入手続きを進めているといきなり出てくる「P」や「P+」、「F」などの記号。いくら意味を探しても現在自分がいるページには書いてません。

Renfe Price Plan

 

そしてそれはどこにあるかというと、なぜかトップページにリンクがあるという不思議な作り。

Renfe about tickets

 

そのリンク先も英語でズラズラ書いてあって非常にわかりにくい。。。出来る限り意味を調べてみたので参考にしてください。

 

P:Promo Ticket 最大70%割引、席の選択不可、チケット変更不可、キャンセル不可。

P+:Promo+ Ticket 最大65%割引、チケット変更手数料:チケットの20%、キャンセル料はチケットの30%。

F:Flexible Ticket チケット変更無料、キャンセル料はチケットの5%。

C.Joven < 26:26歳未満。jovenはyoung person(若い人)という意味。

Nino:4から13才および4才未満でも席を使う者(子供料金)。ninoはchild(子供)という意味。

Tfa. Tarjeta Dorada:renfeの割引カードを持っている人。tarjetaはcard、doradaはgold(金)という意味。

 

Descuento F. Numerosa:大家族割引という意味で、さらに
070 Fam. Numerosa General:3,4人の子連れで20%割引。
072 Fam. Numerosa Especial:5人以上の子連れは50%割引。

 

チケット取得代行

このRenfeのサイト、英語がわからないと完全にお手上げになります。なので、英語ができないけどチケットは日本で予約したいという人はプレステージ・エキスプレスというところでチケット代行購入のサービスをやっているようなので、ここに頼むといいかもしれません。10〜20ユーロくらいの手数料で代行購入してくれます。

ヨーロッパ鉄道 鉄道チケット・列車情報|地球の歩き方トラベルでもチケットを購入することができますが、値段がありえないくらいボッタクリ(通常料金の2倍前後)なので、使わないほうが無難です。

 

スペイン語の辞書

どうしても自分でチケットを取りたい場合は、スペイン語の辞書を1冊持っているとかなり心強い味方になってくれます。私は下記のスペイン語⇔英語の辞書を使ってますが、安くてわかりやすいのでオススメです。重さは375gで、厚さは3.5cmの準ポケットサイズです。

旅先で使うには少し重くてかさばるので、iPhone用の辞書がいいですね。少し高いですが、現地ではあまり英語が通じないらしいので持っていると役だってくれそうです。音声データがついてるのが嬉しいですね。

西和中辞典・ポケプロ和西辞典 1.3(¥2,800)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
価格: ¥2,800(最新価格はApp Storeで確認してください)

ss1 ss2

 

最後に

もう2008年くらいから上記のような使いにくい状態が続いているので、Renfeに期待するのは止めたほうがいいのかもしれません。恐らく日本から自分でチケットを取る人はあまりいないんでしょうね。

 

今回書いたこのまとめが、スペイン旅行をする人にとっての助けになれば幸いです。

 

※参考にさせていただいたサイト

renfeサイトでーAVEの座席料金マークについて - Q&A詳細 - 旅行のクチコミサイト フォートラベル 

http://4travel.jp/overseas/area/europe/spain/madrid/qa/35322/

 

2011-2012 スペインの旅~renfeでマドリードからトレドへ|ネコな毎日~avec le petit bonheur* 

http://ameblo.jp/ciuccio/entry-11138424602.html

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは@fujitaijuです。

 

先日ベトナム航空の席にUSBコネクタがついてた事を書きましたが、今回はベトナムコーヒーについて書きたいと思います。ベトナムコーヒーって何よ!?と思う方もいると思います。私も行くまで知りませんでしたから(笑)困ったときはWikipediaが詳しいので引用させてもらうことにします。

 

アルミニウムまたはステンレス製の、底に細かい穴を多数開けた、フランス伝統の組み合わせ式フィルター(カフェ・フィン、cà phê phin)を使って淹れる。

 

このフィルターは、通常カップに乗せる平たい部分、湯を受ける筒状の部分、筒の中に入れるフィルターという3重の構造で、それぞれに細かい孔を開けて、粉がカップに落ちないように作られているが、どうしても粉が孔を塞ぐ形となって、簡単には湯が通らない。このため、抽出には5分から10分程度の時間がかかり、また、たくさんの湯を受ける大きさとなっていないため、濃く抽出される。

 

そのままでは非常に苦いため、cà phê sữa(カフェ・シュア)と呼ぶ、ミルクコーヒーにして飲むのが普通である。この際、生乳ではなくコンデンスミルクを用いる。

(via:ベトナムコーヒー - Wikipedia)

 

 

要するに「専用の機器を使って濃い目のコーヒーを作り、コンデンスミルクを入れて飲む」のがベトナムコーヒーと思ってください。というか私はそうだと思っています(;´Д`)この専用の機器はスーパーなどで非常に安く(100円前後)で売っています。こんな感じ↓のやつです。

Trung Nguyenコーヒー40

 

 

でもこれをつかって淹れるのは非常にダルいし片づけが面倒くさいんですね。コンデンスミルクも必要だし。そこで便利なのがTrung Nguyen社のインスタントコーヒー「G7 Instant Coffee」です。これ、インスタントとは思えないほどの味で、Trung Nguyenのコーヒーショップで飲んだのとほぼ同じ味にビックリしました。

 

一杯分の袋が20個入ったものが、スーパーなどで大体200円前後で売っています。Trung Nguyenコーヒーの店頭でも購入できます。

Trung Nguyenコーヒー35

Trung Nguyenコーヒー36

 

 

中身をコップに入れてお湯を大体70cc〜100ccほど入れてのみます。アイスで飲みたい場合は70ccくらいにしないと薄くて不味くなります。どちらにしてもあまりお湯を入れ過ぎないのがミソですね。ベトナムコーヒーの特性上甘みがあるので、苦手な人は苦手かもしれません。

Trung Nguyenコーヒー37

Trung Nguyenコーヒー39

 

 

ちなみにTrung Nguyeの店舗はこんな感じでかなり綺麗です。日本のカフェと比べても全く遜色ありません。チェーン展開してるのでホーチミンシティにはいたるところにこのカフェがあります。ただ、英語のできる店員があまりいないのがネックですね。いたとしても日本人の英語はなぜか聴きとってもらえません。

Trung Nguyenコーヒー4

 

 

日本と違い席に案内してくれてそこでオーダーを聞かれます。自分で片付ける必要もないので楽チン!お会計もテーブルチェックになります。

Trung Nguyenコーヒー3

 

というわけで、ホーチミンシティに来て歩き疲れたらTrung Nguyenコーヒーで休息の一杯を飲むことをオススメします。コンデンスミルクを入れない甘くないコーヒーもあるので非甘党の人でも大丈夫ですよ。どうしても日本で買いたい人は楽天で売ってます。結構高いですが。

 

by カエレバ
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

ベトナムと日本の温度差にやられている@fujitaijuです。

 

今回慰安旅行で初めてベトナムに行きました。使った航空会社はベトナム航空(Vietnum Airline)。飛行機は一面ベトナム色に塗られていてかなりエキゾチック。インドネシアのガルーダも好きですが、ベトナム航空の飛行機もなかなかいいですね。欧米の飛行機に無い良さがあります。

ベトナム航空飛行機15

ベトナム航空飛行機21

 

 

そして何より驚いたのが座席のプライベートモニター横にUSB機器の充電コネクタがあったこと!もちろんエコノミー席ですよ。モニターとの連携はできず、あくまで充電のみですがコレのお陰でiPhoneの電池にビビることなく飛行機に乗っていられました。

ベトナム航空飛行機22

 

 

こういうUSBの充電コネクタって最近の飛行機は結構ついてるもんなんでしょうか?私は最近はガルーダ・インドネシア航空とベトナム航空とANAしか乗ったことがないので他の飛行機(特に欧米ライン)なんかは全然知りません。少なくとも毎年乗ってるガルーダには一回もついてるのを見たことがありませんね。

 

あとはエコノミーでも電源プラグがついてくれると言う事なしなんですけどね。さすがにそれは無理かな。。。まぁ、USBコネクタがついてる代わりに席がものすごく狭くデカブツの自分にはかなり苦行の飛行機だったのは間違いありません(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

今度エストニアに行ってみたいと思っている@fujitaijuです。

 

旅行雑誌のるるぶについてる予約宅配おみやげのページを見ていてびっくらこいたのですが、販売価格が詐欺じゃないかと思うくらい高いんです。これがそのるるぶの予約宅配のページ。巻末についてます。

るるぶおみやげ6

 

手元にあるのはバリ島2011年バージョンなので、他の国のはどうなのかわかりませんがとにかく高い!物にもよりますが大体3〜10倍くらいの値段がついてます。

 

こんなチョコ一箱200円~300円で売ってるし。。。

るるぶおみやげ7

 

これだって6本で1,500円もしない値段で買えます。

るるぶおみやげ8

 

バリでよく見る猫の置物やキーホルダーもこの有様。キーホルダーは安いとこで買えば200円もしません。

るるぶおみやげ5

 

一番驚愕したのがこれ↓チョコレートとかのパック商品なのですが、50,000円というありえない金額がついてます。私がこの本で見た中で恐らく一番利益率が高い商品ですね。どう見積もっても5,000円出せば余裕で買える量です。バカにしすぎ。

るるぶおみやげ4

 

まぁ、せっかく旅行に行くのにわざわざ事前に日本でお土産を買う人はあまりいないと思いますがもし買おうとしてる人は現地で買うときの値段との差がどれくらいかくらいは知っておいたほうがいいと思います。

 

おみやげで荷物一杯になっちゃうのは嫌だ!という人は利用してもいいと思うんですが、この値段の差を見てそれでも買いたいと思いますか?

 

るるぶ自体は良い雑誌なんですがねぇ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ