カテゴリ: サイト紹介

こんにちは@fujitaijuです。

 

ネットを徘徊していてRRRRRRRROLL_gifというTumblrのサイトを見つけたんですが、これが非常に面白い。見た瞬間頭に「?」が浮かんで一人でクスクス笑ってしまいました。どんなものかというと、gif画像を使ってひたすらクルクル回りまくる画像を作ってるんです。まずは見たほうが早いと思うのでとりあえずコレ↓を見てください。

 

RRRRRRRRoll2

(画像:RRRRRRRROLL_gifより)


RRRRRRRRoll1

(画像:RRRRRRRROLL_gifより)

 

こんな感じのスーパーシュールな回る画像が60個ほど公開されています。なんと「第16回 文化庁メディア芸術祭 エンターテインメント部門 審査委員会推薦作品」にも選ばれているようでビックリ!@RRRRRRRROLLによると週に1個は作られてるようなので、気になる人はRRRRRRRROLL_gifをチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

恐らく体や物を動かしながら一枚一枚写真を撮影してgif画像にしているんだと思いますが、それにしてもこのセンス、素晴らしいですね(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは@fujitaijuです。

 

みなさん、2013年のカレンダーは買いましたか?会社や自宅のデスクの上、リビングの壁、冷蔵庫の扉など様々な場所で1年間見続けることになるものですからなるべく見やすくてカッコイイやつを選びたいですよね。

 

HONGKIAT.COMではそんなカレンダー選びのインスピレーションを刺激してくれる、ユニークなカレンダーが紹介されています。どのカレンダーもとても奇抜で日本ではおよそ買えないようなものばかりですが、これらを参考にしてオリジナルカレンダーを自作するなんていうのもアリかもしれません。

 

 

One Page Typography Calendar

一枚の紙に1月から12月までのカレンダーがそれぞれ異なるフォントで収められています。少し見にくいのは否めませんが、映画のポスターみたいで自宅の壁に貼ってあったらちょっとオシャレかも。

One Page Typography Calendar

(画像:2013 calendar on Behance)

 

 

 

2013 Unconventional Calendar

unconventionalは「型にはまらない」という意味ですが、まさに型にはまっていないカレンダーですね。一見、どうやってつかえばいいのかわかりませんが、よく見ると内側から順番に1月〜12月と並んでいるのがわかります。

2013 Unconventional Calendar

(画像:60 Unique 2013 Calendar Designs)

 

 

 

2013 Jumping Point Calendar

このカレンダーほど一覧性に優れたカレンダーは無いんじゃないでしょうか。シンプルかつグラデーションがとても美しいので飾っておくだけで様になりそうです。

2013 Jumping Point Calendar

(画像:Jumping Point White 2013 Long Poster Calendar | | CALENDARS.COM)

 

 

 

Be Colorful – Modern Mini Calendar

シンプルなデスクトップカレンダー。これならロフトとか東急ハンズなどで買えそう。なんだかんだで、デスクトップには実用的なカレンダーを置きたいですね。

Il fullxfull 378003456 dqlq

(via:Be Colorful Modern Mini Calendar 2013 by monkeymindesign on Etsy)

 

 

Cute Star Wars 2013 Calendar

みんな大好きスターウォーズカレンダー。キャラが抽象化されて可愛くなってますが、スターウォーズっぽさは健在です。

Il fullxfull 363814053 b5s4

(画像:Cute Star wars 2013 Calendar 4 x 6 by loopzart on Etsy)

 

 

最後に

海外発送なので送料がちょっと高いですが、ものによっては日本から購入することができるものもあるので、どうしても欲しい人は買ってみるのもいいかも。奇抜なデザインのものが多いので、自宅で使うというよりはお店とかで使うとひと目を引くのでいいかもしれませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは@fujitaijuです。

 

タグクラウドってブログが流行りだした頃に一時流行しましたよね。ただのテキストであったり、Flashを使ってくるくる回るやつだったり色々なものがあったのを覚えています。

 

そのタグクラウドを任意の単語やURLを入力するだけで自動的に生成してくれるタグクラウドのまとめがジェネレーターがTRIPWIRE MAGAZINEで紹介されていました。

 

tagCloud generator

tagCloud generatorはブログのURLや任意の単語を入力することで下記のようなFlashのタグクラウドを自動で作ってくれ、ダウンロードできるデータの中には表示する単語を追記や変更できるファイルがあるので、自動生成に頼らないタグクラウドを作ることもできます。もちろん、URLも埋め込むことができるのでリンクとして使うこともできます。

 

TagCrowd

Flashみたいにダイナミックに動かなくてもいい!という方にはテキストベースのタグクラウドが良いでしょう。TagCrowdではサイトのURLはもちろん、テキストを入力したり、ファイルをアップロードすることでテキストベースのタグクラウドを生成してくれます(下記画像は訳あってスクリーンショットです)。

 

TagCrowd

 

 

image chef

image chefは唯一日本語に対応していて、タグクラウドとはちょっと違いますが、単語を入力すると自分の好きなシンボルに合わせてタグクラウドを作ってくれます。画像でエクスポートされるので、単語へのリンクは貼れないみたいです。

Image chef

 

最後に

ブログのURLを入れてタグクラウドを作ってみたんですが、こうしてみると自分が何について書いてるかが一発でわかりますね。日本語のようなマルチバイト文字に対応しているものが少ないのが残念ですが、サイトのちょっとしたアクセントとして使えるので、もっと見てみたい方は12 Cool Word Cloud Generatorsへどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは@fujitaijuです。

 

Web上の画像を共有できるPinterestで、閲覧者を制限することが可能なシークレットボード(Secret Board)が使えるようになりました。

Pinterestシークレットボード

 

 

閲覧者の制限についてですが、シークレットボードを作成する時か、ボード編集時にユーザーの名前やEmailアドレスで制限することが可能です(下記画像参照)。

Pinterestシークレットボード2

 

 

特にアプリのアップデートすることなくiPhoneやiPadでも使えるようになっていました。

Pinterestシークレットボード3

 

 

このシークレットボードの導入によって、例えば「知り合いだけに公開したい画像を限定公開する」といった使い方や、自分だけが見れるボードを作りたい!という場合に公開範囲を自分だけに限定してボードを作るといったことが可能になります。これによって今までPinterestに二の足を踏んでいたユーザーも安心して使うことができそうですね。

Fujiki Taiju / Pinterest

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは@fujitaijuです。

 

Twitterのプロフィールページの顔ともなるカバー写真、みなさん設定しているでしょうか?なかなか良い写真がないから…といった理由で設定しないのはもったいないです。

 

そんな人にはTwtterのカバー写真を集めたサイト「TwitrCovers」がオススメです。アートな写真から可愛い動物の写真まで350種類の美しいTwitterカバー用写真が満載です。

TwitrCovers

 

 

お気に入りの写真を見つけたら「Make This My Twitter Cover Now & Follow TwitrCovers」を押すだけで、自動的に自分のカバー写真として設定してくれます。

TwitrCovers2

 

 

これが設定されたカバー写真。ボタンひとつで自動設定してくれるのは気が効いてて良いですね。今はまだ種類が少ないので、もしかしたら他の人と被ってしまう可能性もありますが、細かいことは気にせず使ってみましょう(笑)

TwitrCovers3

 

TwitrCoversが用意した写真だけでなく、自分の好きな写真をアップロード→トリミング→カバー写真に自動設定みたいな機能があるとなお良いかもしれないですね。

Twitter Covers & Twitter Header Images - TwitrCovers.com
TWITTER COVERS & TWITTER HEADER IMAGES ...

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ