2014年02月

地球上には未発見のものも含めて約870万種の生物が存在すると言われているが(発見済みのものは約120万種)、これは本当に地球の生物なのか?と疑ってしまうものも少なくない。その中でも下記に挙げる海のやつらは特に変わり者で恐ろしい姿をしている。

 

ハチェットフィッシュ(Hatchetfish)

深海中層に生息するムネエソ科の魚で、名前からもわかる通りHachet(手斧)のような形が特徴の魚。腹部と尾ひれが透明になっている。水面上を飛ぶ虫を捕まえたりするため、胸ビレを使って鳥のようにジャンプする。

Hatchetfish

 

ブロブフィッシュ(Blobfish)

オーストラリアやニュージーランド近海の深海魚で世界で一番醜い魚と呼ばれる。見ようによっては人間の顔に見ええなくもない。なんとも奇妙な生き物だ。

Blobfish

 

オニキンメ(Fangtooth)

水深500〜3000mに生息している深海魚。ほぼ全世界の海に生息しており、fang(牙)という名前からもわかる通り鋭い牙を持つ。しかし、あまりにも伸びすぎたこの牙のせいで口を完全に閉じることができないというなんともマヌケな魚だ。

Fangtooth

 

 

ナマコ(Sea Cucumber)

世界に約1,500種類いると言われているナマコは日本人には馴染み深いものだろう。小さいころ海岸に打ち上げられているブヨブヨしたナマコを見て気味悪がったものだ。

Sea cucumber giant

 

 

ミツクリザメ(Goblin Shark)

日本近海を始め、世界各地で発見報告のあるミツクリザメは水深1,300mより深いところに生息する深海魚でとても希少な魚だ。他のサメに比べて突出している顎が特徴。生きた化石とも呼ばれる。

Goblin shark

 

Flamingo Tongue Snail

鮮やかな体色を持つFlamingo Tongue Snailは貝類の一種で0〜30mくらいの浅瀬に生息している。体調は2.5〜3.5cmととても小さい。柔らかいサンゴの表面組織を食べて生きている。

Flamingo tongue snail

 

アンコウ(Anger Fish)

ナマコと同じくアンコウも日本人には馴染み深い魚だろう。チョウチンアンコウなどが有名だが深海で生息するものが多い。頭部から釣竿のように細長く突き出た誘引突起(イリシウム)を使って、魚をおびき寄せ捕食するのが特徴だ。

Angler

 

いかがだっただろうか。どれもこれも地球に存在するとは思えない姿形をしたものばかりだったはずだ。

 

冒頭でも述べたように870万種のうち、120万種程度しか存在が確認されていないことを考えると、もっと奇抜で奇妙な生物がいても不思議ではない気がする。そこは生物ハンターの人たちにまかせることにしよう。

(via.7 Of The Most Frighteningly Bizarre Ocean Creatures)

このエントリーをはてなブックマークに追加

旅行に行きたいがお金や時間が無い、もしくは旅行前にどんな場所か確認してみたいということでGoogleストリートビューを使ってバーチャルツアーをしたことがある人は多いだろう。

 

Googleが発表したアジアのGoogleストリートビューで最も良く見られる場所ランキングによると、日本の名所が上位を独占していることがわかった。気になるランキングは以下のとおりだ。

 

1位:富士山(日本)

2位:端島(軍艦島)(日本)

3位:道頓堀川(日本)

4位:広島平和記念資料館(日本)

5位:大阪城公園(日本)

6位:六本木ヒルズ(日本)

7位:Jiufen Old Street(台湾)

8位:マリーナベイサンズホテル(シンガポール)

9位:湯布院(日本)

 

Googleストリートビューアジアランキング

 

道頓堀川や六本木ヒルズなどはちょっと意外な結果な気がする。いったいどのような人が見ているのか気になるところだ。

 

端島(軍艦島)


大きな地図で見る

 

道頓堀川


大きな地図で見る

六本木ヒルズ


大きな地図で見る

マリーナベイサンズホテル


大きな地図で見る

(via.Google Asia Pacific Blog: The world's virtual tourists rush to Japan)

このエントリーをはてなブックマークに追加

高校生のバスケットボールの試合を映したこの動画は、点数65-66、残り時間16秒の時点から始まる。まさにどっちが買ってもおかしくない状態だ。

 

負けてる側の選手が残り数秒で相手チームからボールを奪いレイアップシュートを打つのだが、そのボールが大変なことに!どうなったかは動画を見ていただこう。

 

これには選手もよほど悔しい思いをしたはずだ。

 

(via.You've Never Seen a Basketball Game End Quite Like This [VIDEO])

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ