2011年12月

年の締めくくりで「買って良かったもの」を公開してる人が結構いたので、自分もやってみようかと思います。買って良かったものを考える過程で、買わなきゃ良かったものが結構でてきたので、2012年からは無駄遣いが減ることを期待しつつ、自分を戒めつつ。

第1位 Macbook Air


WiMaxとのペア運用で、いつでもどこでも開発ができるようになりました。来年はカフェでドヤ顔してみたいです。
Macbook Airを買った!

Apple MacBook Air 1.6GHz Core i5/11.6/4G/128G/802.11n/BT/Thunderbolt MC969J/A

第2位 Blutoothレシーバ MW600


煩わしいコードから解放してくれました。音質もバッチリ。毎日の通勤に欠かせないものです。

もう手放せない!ソニーエリクソンのBluetoothレシーバMW600が便利すぎる件

第3位 Parallels Desktop


Windowsでしか動かないアプリケーションを使えるようにしてくれました。メモリ食いなのでiMacのメモリを12GBに増設して使ってます。
Parallels Desktop 7 For Mac
by カエレバ


第4位 Vixen 天体望遠鏡 PORTAII A80Mf


実はまだ買ってません。年内に購入予定。子供の頃から欲しかったもので念願かないました!
Vixen 天体望遠鏡 PORTAII A80Mf 39952
by カエレバ


第5位 WiMax


Macbook Airとのコンビは最強!基地局が少なく、場所によっては繋がりにくいという噂でしたが、都内でつながらなかったことが無いです。
WiMaxさん、東京郊外でも全然切れないよ!


第6位 自炊セット


今年は自分にとって電子書籍元年となりました。その中で自分の持っている紙の本も電子化したいという欲求にかられ、自炊セットを購入してしまいました。これで家の本棚が大分空きました。
CARLの裁断機DC-210Nを買った!
やっぱりAcrobatのClearScanはスゴかった!
カール事務器 ディスクカッター DC-210N
by カエレバ


FUJITSU ScanSnap S1500M Acrobat 9 Pro標準添付 FI-S1500M-A
by カエレバ


第7位 JVCケンウッド ビクター インナーイヤー ヘッドホン HA-FX3X


Amazonレビューでもコストパフォーマンスが高いと評判だったイヤフォン。値段と性能が素晴らしいです。
VictorヘッドホンHA-FX3X。コスパ高すぎ!

JVCケンウッド ビクター インナーイヤー ヘッドホン HA-FX3X

第8位 アロマディフューザー


仕事で忙しい時に癒しを求めて買いました。寝る前やリラックスしたい時に絶大な効果を発揮してます。

アロマランプディフューザー

第9位 モンスターハンター3G


モンハン大好きなので。。。3DSの操作になかなか慣れませんが、楽しんでます。
モンスターハンター3G
by カエレバ


第10位 ウォーターサーバー Frecious(フレシャス)


最近、水道の水が美味しくないなーと思い、契約。サーバー自体は無料レンタルで、ランニングコストは送料無料のお水だけというところが嬉しいところ。精製水ではなく、富士山を水源とする、バナジウムを多く含んだミネラル天然水です。

[browsershot url="http://www.frecious.jp/" width="150"]

うーん、お金使ってますね(笑)しかしどれもこれもお値段以上ニトリ状態でしたので大変満足してます。来年も買物街道まっしぐら突き進もうと思いますのでどうぞよろしくお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Gamelan Gita AsmaraGamelan Gita Asmara / Vancouver 125


インドネシア語検定E級の試験が2012月1月15日なので、残り一ヶ月を切ってしまいました。正直ほぼ勉強できてません(泣)ですが、仕事がようやく落ち着いたので、なんとかここから一ヶ月で合格できるように頑張ります(E級だからなんとかなるだろう!)。

それに先立ち、3冊の参考書を購入。インドネシア語はなかなかにマイナーな言語だとは思いますが、参考書はそこそこ数が出てるように思います。コチラにあるインドネシア語テキストのオススメを参考に、次のものを購入しました。一応検定のD級とE級レベルの内容になっているようです。




最後のやつはテキストではなく、検定の過去問ですね。ちなみに上記の3冊全て、普通の本屋やAmazonでは売ってなくて、限られた書店でのみ販売されてます。ちなみに私は池袋のジュンク堂で買いました。

らくらくインドネシア語初級の中身はこんな感じ。文法項目と、それに対する練習問題がついていて、学習した内容を問題で確認できるようになってます。説明もすごくわかりやすく、おまけにCDも付いているので音の確認もできます。文法の学習はこの本だけあれば他は必要ないと思います。



こちらはちょばちょばインドネシア語1問題集です。これは完全に問題集です。過去問だけでは正直不安だったので購入しました。解答をもっと詳細に解説してくれればもっと良い本になるのに!



最後は検定の過去問です。C,D,E級の2回分の過去問が入ってます。ありがたい事にCD付きなんですよね。試験を受けたことはないのでわからないのですが、恐らく試験中に流れるリスニングの音源そのままなのだと思います。試験の雰囲気がわかるのでかなり助かります。



年末年始の休みをフル活用して合格できるように頑張ります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事はVim初心者による、Vim初心者のための記事になります。Vim経験者の方にはなにも得ることのない記事になると思います。

Vimの素晴らしさに気づいて早3日目。Railsの環境を構築すべく、プラグインをいくつか導入したので晒してみようかと思います。



IDEみたいにディレクトリをツリー上に表示してくれる。vimに移行するのに一番悩んだ事をこのプラグインが補ってくれた。




:Rcontroller コントローラ名とかするだけでコントローラのソースを表示してくれたり、vim上からrailsコマンドを実行できたり、なんかとりあえず色々できて便利。



括弧やシングル、ダブルクォーテーションの左側をを入力すると対応するもう一方を自動で補ってくれる。無いと腱鞘炎になって死ぬ。




選択した単語をハイライトしてくれるプラグイン。地味に便利すぎる。キーマップを.vimrcに設定する必要がある。




ビジュアルモードで選択した範囲をコメント化してくれる。

ビジュアルモードでコメントアウトしたい場所を選択。


\+xを押すと一気にコメントアウトしてくれる。


以上のプラグインがあれば、ストレス無く開発できそうです。てゆーかね、これ以上入れてもプラグインのコマンド覚えられません!徐々にね。徐々に。
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、vimの素晴らしさにハマってRubyやRailsの開発環境をvimに移行しようとチマチマやってます。

その中で不便と思ったのが、IDEにあるようなプロジェクトのツリー表示。ファイルがどの階層のどこにあるかが一覧で分かる機能はやはり欲しいです。

で、万能選手vimさんならそんなこともできるだろう!ということで探したら案の定ありました。rails.vimとproject.vimを使うとできるらしい。早速各プラグインをインストールしてみたができない orz...

vimの画面で:Rprojectとコマンドを打つことで自動でツリー表示のペインがでるらしいのですが、下のように「E492: エディタのコマンドではありません: Rproject」とでるだけ。



どうにも原因が分からず、諦めかけていたら、:Rprojectコマンドは廃止されたという記事を発見。

代わりにNERD Treeというのを使うと幸せになれるらしい!なにー!!早速リンク先からダウンロード&インストール!

インストールと言ってもpluginとdocディレクトリにダウンロードしたファイルを移動するだけ。

そしてvim画面でコマンドを叩いてみる。。。


:NERDTree


キタ!できた!Railsのプロジェクトがツリー表示された!



楽天のAPIいじってたのでrakutenとかいう文字がありますがあまり気にしないでくだせぇ。

ツリー部分とソース部分は「Ctrl + ww」で切り替え可能です。これ、下手なIDEよりも素早くソースコードの切り替えができてマジハンパない!今までCodaを使ってきましたが、本気で完全に乗り換えてしまいそう。

vimさんすごいっす。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Frank SinatraFrank Sinatra / twm1340

↑これはフランク・シナトラさん。

RubyのWebアプリケーションフレームワークであるSinatraを解説した(たぶん)世界初の本を電子書籍で購入。Sinatraの盛り上がりっぷりを見てると、Up and Runningじゃなくて、もっと内容の濃い厚い本が将来的に出そうな気がします。オライリーさん待ってるよ!



2011年12月3日現在、日本ではまだ予約中となってますが、米オライリーでは既に発売済みで、発売記念の半額セールやってたので買ってしまったー(今は通常の値段に戻ってます)。

120ページしかないですが、通常価格が$13で、この日は半額。円高も手伝って日本円で¥515という驚異の安さ。さらにPDFとEPUBのフォーマットで読むことができるという至れり尽くせり半端ない!

こんな感じでフルカラーになってます。




内容はごくごく初歩的なものですが、体系的に学びたいならWebにバラバラ散らばってる情報を参考にするよりもってこいじゃないでしょうか。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ