2011年03月

Objective-Cの本で結構有名でバイブル本になってる「詳解 Objective-C 2.0 改訂版」買いに本屋行ったんですが、その隣に発売されたての掌田津耶乃さんの書いた「Objective-C 2.0 徹底解説」を発見。中を見てみたら結構良さそうだったので、結局コチラを買ってしまいましたf(^ ^)

[tmkm-amazon]4798029351[/tmkm-amazon]

Xcodeを使って学べるようにできてるので、iPhoneアプリやMacアプリ作りたい人にいいんじゃないかと思います。まだ、パラパラめくっただけなので、読んでから感想書いてみようかなと思います。ちなみにiPhoneアプリの話は一切でてきません。あくまでObjective-Cの本です。

読者想定はiOS開発をやりたい人。それは本書の「はじめに」でも以下のように書いてあります。

とりあえずこれで「何も知らない」ところから「ごく簡単なiOS開発」の入り口ぐらいはでは到達できるのでは?と考えます。その代わりといっては何ですが、よりしっかりした理解を望む人のための多くの概念説明や技術的なテクニックなどはかなり省いています。Objective-Cという言語の「すべて」を網羅はしていません。初心者が知っておきたい必要にして十分な知識に絞ってまとめたつもりです。


と著者が言う割には結構難しい内容も取り上げています(笑)少なくとも初めてiOSに触れる初心者には難しいでしょう。





このエントリーをはてなブックマークに追加

東日本大震災を受けて、オライリージャパンでは販売中のEbookを半額にして、手数料や印税を除いた売上を全て寄付するという素晴らしいキャンペーンをやっています。

Ebookの時点で書籍版より安くなってるので、それがさらに半額とかオライリー好きには嬉しすぎる!

O'Reilly Village/オラの村 - Deal of the Week - 被災者支援キャンペーン開催

170以上の全てのEbookが対象です。Ebookの全タイトルはこちらから。

前から欲しかったものがいくつかあったので購入しました。
2011年3月26日の午前0時までなのでほしい人はお早めに。

なお、プロモーションコード「DDJPN」をカート画面で入力して再計算しないと半額にならないので注意!支払いはPayPalになります。


以下買ったもの。

プログラミング言語 Ruby
3,990円(紙) → 3,192円(Ebook) → 1,596円(今回)


Head First Rails
3,990円(紙) →  3,192円(Ebook) → 1596円(今回)


プログラマが知るべき97のこと
1,995円(紙) → 1,596円(Ebook) → 798円(今回)


初めてのRuby
2,310円(紙) → 1,848円(Ebook) → 924円(今回)


4冊買っても4,914円!紙で買うと12,285円だから驚異の60%引き!!安すぎ。オライリーさんありがとう。。。

てゆーかRubyばっかりだな。

USオライリーでも実施中のようです(恐らくあちらの時間で3/24迄)。
http://oreilly.com/store/dd-jpn.html

日本ではPDFしか提供されてないのがすごく残念です。ぜひEPUB版も提供して欲しい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Rubyのバージョン1.8と1.9ではブロック内のスコープが違ってるのか。

1.8だとブロック内変数(ブロックローカル)とローカル変数は変数名が同じだと同一のものになるけど、1.9だとブロック内とローカル変数で別物になる。

例えば次のコード。
[ruby]
x = 0
[1, 2, 3, 4].each{|x|
p x
}
p x
[/ruby]これを1.8で実行すると
1
2
3
4
4

1.9で実行すると
1
2
3
4
0

になる。なるほど。これは気をつけないかんね。

※参考
第3回 Ruby1.9の新機能ひとめぐり(中編):洗練された文法と意味論

このエントリーをはてなブックマークに追加

タイトル通りです。2011年3月11日に起きた東北関東大震災は1週間以上経った今でも死者数は増え続け、いわれのないデマが横行し、被災地の復興を妨げ、日本と世界をパニックに陥れています。

阪神大震災の時にはTwitterとかインターネットはこんなに普及していなかったので、それから15年近く経った今では受け取れる情報量というのはとてつもなく多くなってきています。

意図せずデマを流してしまう人、意図的に悪意を持ってデマを流す人、様々な人が様々な情報を流す中で、自分の判断で情報を取捨選択するのは難しくなってきているような気がします。

今回の東北関東大震災で問題になった事の一つとして、「デマ」が挙げられると思います。

実際私もいくつかのデマに騙されました(後に調べてデマとわかりました)。
デマ1

割と初期に出たデマとしては「ONE PIECEの作者の尾田栄一郎さんが被災地に15億円寄付」というデマ。これは以下のサイトでデマ検証を行っており最初の発信者までつきとめています。

twitterのデマ発信源はつきとめられる


デマ2

政府絡みのものとして「日本政府、アメリカからの冷却材の提供を断る」というデマもありました。

東日本大震災 - DHMOより怖い読売新聞


ただし、上記の記事について反論している記事もります。

僕はこのエントリのほうがデマだと思うけど - finalventの日記


私にはどちらも最もらしく聞こえ、どちらの情報が正しいのかわかりません。

デマ3

宮城、岩手、福島の被害があまりにも大きかったため、あまり報道はされませんでしたが、コスモ石油千葉製油所で液化石油ガス(LPG)のタンクが爆発するという被害もありました。これに付随して「有害物質が雨になって降る」というデマが流れました。実際には爆発したのはガスなので有害物質など降りません。これはよく考えれば分かることです。

「有害物質降る」メールはうそ…千葉タンク炎上 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)


その他

また、デマ拡散者に注意したら逆切れされたというようなこともあったようです。

ある無責任なデマ拡散者に注意を促したら、時間の無駄だった。


デマではないですが、デマに発展しそうな内容としてはこれ。地震雲と地震発生の関連は科学的根拠は無いので備えるのはいいと思いますが、それを拡散させて煽り立てるのはよくありません。

【画像あり】山梨、静岡で「地震雲」がやばいらしい


テレビでは必要以上に国民の不安を煽り、専門家でさえ言ってることが怪しい時さえあります。ですが、ある程度調べれば嘘と見破れるものも少なくありません。関東圏でのガソリンや食料、電池の買い占めは、入ってくる情報が全て正しいと思ってしまい、自分では何一つ考えていない例の一つだと思います。

近いうちに東海沖地震が起きる(科学的に昔から言われている)と言われていますが、その時に備え正しい情報を選び出す能力をもっと身につけるべきではないかなぁと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、Ruby技術者認定試験を受験したいと思いますという記事を書きましたが、PHP界隈の方ではPHP技術者認定機構が2011年4月からPHP技術者認定試験を始めるようです。

PHP系の試験としては、似たような試験にZend PHP Certificationがありますが、日本ではあまり機能してな様子。最新版のPHP5.3の試験も英語のみなんですね。

どちらの試験がメジャーになっても構わないんですが、受験する者にとって有益な試験となるようにしてほしいです。そうでないとそもそも存在価値あるの?ってなってしまいますし。

試験は全部で3段階。「初級」、「上級」、「ウィザード」があるようです。上級、ウィザードについては下位試験合格が受験資格となる。初級は2011年4月11日より予約受付開始、5月10日より配信開始となり、上級については2011年9月より開始予定となっています。ウィザードは現在制定中で試験開始時期は未定。
PHP5技術者認定初級試験について

問題数は全部で40問、試験時間は1時間となっています。7割正解で合格となる。テキストは公式テキストとしてオライリーの下記の本を採用。

[tmkm-amazon]9784873112572[/tmkm-amazon]
PHP5技術者認定上級試験について

問題数は全部で60問、試験時間は1時間30分で合格ラインや出題形式は初級と同等となっている。テキストは初級と同様にオライリーの本を採用。

[tmkm-amazon]9784873113425[/tmkm-amazon]
試験範囲

験範囲は初級試験しか制定されておらず、下記のようになってます。Webサイトを作るのであれば知っておかないといけないような知識ばかりだと思います。PHPに触れたことがない人でも少し勉強すれば合格できそうな感じではありますね。




















































































目次 出題割合
1章オリエンテーションと始めの一歩 0.06
2章テキストと数の操作 0.08
3章判定と繰り返しについて 0.08
4章配列の操作 0.08
5章関数 0.08
6章Webフォームの作成 0.08
7章データベースに情報を保存 0.08
8章クッキーとセッションでユーザを記憶 0.06
9章日付と時刻の取り扱い 0.06
10章ファイルの操作 0.08
11章XMLのパースと生成 0.02
12章デバッギング 0.04
13.8 クラスとオブジェクト(クラス定数も含む) 0.02
14章日本語処理 0.06
付録B 正規表現の基本 0.04
付録D PHP5.1とPDO 0.02
追加1.セキュリティ(各章からのポイントの集約や一般的な知識など) 0.02
追加2.出力バッファ(エラー処理。各章からのポイントも含む) 0.02
追加3.定数・予約語 0.02


参考サイト

参考になりそうなサイトをいくつか挙げておきます。

PHP技術者認定機構

PHP5技術者認定試験特集

【解説付】 PHP5技術者認定初級ベータ試験のアンケート結果公開

PHP5技術者認定資格 初級試験開催!

事務局Twitterアカウント

公開資料 - PHP技術者認定機構(2011/3/24 追記)

Ruby検定試験が終わったら受験してみようかしら。まぁ、こういった試験は相手に対して「最低限の知識は持っていますよ」というメッセージを伝えることはできると思いますが、業務で役立つかといったら微妙だと思います。Web業界に転職したいという人はやる気と知識をアピールという点では合格を目指しても損は無いのではないかと思います。

ちなみに自分はWeb業界に非常に興味があるため、受験してもいいかなと思っておりますf(-^ ^
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ