2010年07月

iPhoneからSafariを通して位置情報を取得するためのスクリプトメモです。W3CのGeolocation API Specificationを参考にしています。アクセスする端末がiPhone OS 3.0以上であれば特にライブラリとか必要ありません。

コードはW3CのGeolocation APIを使っているだけです。位置情報を取得してそれをGoogle Mapで表示させるという単純なコードとなっています。エラーハンドリングはしてません。


[html]



位置情報取得スクリプト



現在位置を取得


[/html]iPhoneからSafariを使ってアクセスすると次のような画面になるので「現在位置を取得」をクリックすると位置情報取得スクリプトが動きます。


位置情報を取得するとGoogle Mapへのリンクが表示されます。


リンクをクリックすると地図アプリが起動して現在位置を表示してくれます。なぜかかなりずれた位置になってしまいました。屋内で位置情報を取得したからかもしれません。


このエントリーをはてなブックマークに追加

以前、バリ島の旅行記を「ホテル編」と「外出編」とに分けて書いたのですが、今回の旅行ではMi-Fiと呼ばれるWi-FI端末(屋外で使える無線LANみたいなもの)をグローバルデータでレンタルしていきました。


 


これがあれば海外でもiPhoneやiPad使えてヒャッハーできますので、使用してみた感想を書いてみました。


 


出発前準備


レンタルの手続きはとても簡単です。グローバルデータのオンライン予約から旅行日程やレンタルプランを記入して申し込むだけ。レンタル日数は滞在日数だけではなく、出国日と帰国日もレンタル日数に含まれるので注意してください。


 


私はJALの直行便で行ったため日本出発は15:45で帰国は7:45。なので二日分はほぼ使わないのにレンタルすることになりました。まぁ、でもこれはしょうがないですね。実際使ってみたらそんな小さなことはどうでもよくなります。


 


バリ島での使用感


飛行機降りたらさっそくスイッチを入れます。当然iPhoneのローミングはオフにしています。最初は「3Gを有効にする」とか「モバイルデータ通信」がオンになってるのが気になりましたが、下記画像のようにデータローミングがオフになってれば問題ありません。


 


 


デンパサール国際空港はわりと小さい空港なのですが、Mi-Fi君はちゃんと繋がってくれました。繋がったときは感動しましたね(笑)コレは空港について最初のツイッターのつぶやきです。そうは言っても日本のような高速環境ではないので、写真つきだと少し時間がかかります。


 


テキストのみであれば日本国内ほどではないですが割とストレスなくつぶやけたと思います。人も多かったので回線が混んでいたのかもしれません。 空港以外にも道路やホテル、海沿い、スーパーマーケット等色々なところで使いましたが、ほぼ常に3G回線を拾えてストレスなくインターネットを使うことができました。


 


Mi-Fiは「2G回線」、「3G回線(300kbps)」、「3G回線(7Mbps)」の三つの回線をその場に応じて拾います。もちろん高速回線が優先的に接続されます。少し見づらいかも知れませんが、3G回線(7Mbps)に繋がると下記画像のように紫色のランプが点灯します。3G回線(300kbps)は青、2G回線は緑のランプが点灯します。


 


唯一2G回線しか繋がらなかった場所があります。それはホテルの部屋の中です。なぜか2G回線しか繋がりませんでした。なのでtwitterもままならず。。。部屋の外に出ると3Gに繋がるというなんとも嫌がらせのような部屋でしたね。妨害電波でも出てるんかいな!っていう感じでした。ちなみにコンラッドホテルはロビーで使う分にはWi-Fiが無料で使えます。ホテルの人に聞けばIDとパスワードを教えてくれますよ。


 


グローバルデータの対応


レンタルするに当たり、疑問点がいくつかあったので出発前にグローバルデータのサポートに電話してあれこれ聞いたのですが、対応がすばらしかったです。その場で分らないことでも調べて折り返し電話をしてくれたりして安心してレンタルすることができました。次回海外に行く時もぜひ使いたいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

バリ旅行に行ってきた(ホテル編)に引き続き、外出編です。といっても今回はそれほどホテルの外へ出たわけではないです。「ホテルでグダグダ過ごす」というのが今回の旅行の基本スタンスだったものでf(^ ^)

まぁ、スパと買い物くらいでしょうか。観光らしい観光は一回も行きませんでした。せっかく休みで行ってるのに観光で疲れてしまっては元も子もないですしね。スパには日本人がよく行くというBE ONEというスパに行きました。どちらも送迎無料です。デンパサール(ングラライ)空港の入国審査の所にスパの割引雑誌(日本語)がたくさんフリーペーパーとして置いてあるので手に入れておくと安くスパが受けられます。

プトゥリ・アユの受付です。



マッサージをする部屋です。一部屋にベッドが二つあるのでカップルで同時にやってもらうこともできます。




軽食つきのコースを頼むと、マッサージのあと外にある食事する場所に案内されます。


マンゴージュースとご飯がとてもおいしかったです。食事の時間はマッサージ時間には含まれていないのでご安心を。




BE ONEの方は写真を撮り忘れてしまったので画像はありません。とても綺麗なスパで、今まで行ったバリのスパの中でも一番綺麗でした。ですが、スパのある場所が若干奥まっていて現地の人たちの住宅街の中にあるため、怖いと感じる人はいるかもしれません。でも全然問題ないのでバリを訪れた際にはぜひ行ってみてください。あんなに上手なマッサージを受けたことがないってくらい上手でした。施術してくれた方も腰が低く謙虚で素晴らしすぎ!しかもかなり安いのでオススメです。

有名な免税店であるDFSギャラリアの横(同じ敷地内)にHyper Marketという現地の人も使うスーパーがあります。昔はマタハリマーケットだったところですね。今は改装されて日本のスーパーみたいに綺麗になってます。


なぜか日本のものがたくさん売ってました。


おみやげでよく買うチョコレートとかはここが一番安かったです。免税店では1.5倍、空港では2倍近い値段だったのでこういうスーパーで買うのをオススメします。


生鮮品なんかも売ってました。


スパイスが激安!インドネシア料理にもスパイスは必須ですからね。日本でこの値段で買えたらなーと思うくらい安かったです。現地の人が買うからでしょう。


う~ん、こうやって写真を見てみると本当にスパと買い物しかしてないと実感しますね。まぁ、ホテルでダラダラが目的だったので観光とかはまた今度ということで再びバリへ戻ることを目標に仕事がんばりますかね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

新婚旅行以来3年ぶりの念願のバリに夏休みを使って行ってまいりました。いやー、やっぱり何度行っても飽きません。といってもまだ二回目ですが(*´д`;)…今回はiPhoneとポータブルWi-Fi環境であるグローバルデータのMi-Fiをレンタルして終始ネット接続しながらの旅行となりました。Mi-Fiの使い勝手については別記事でデビュー予定です。

今回はヌサデゥア地区にあるCONRAD BALIに泊まりました。ちなみに前回はグランドハイアットに泊まったのですがコンラッドの方がサービスやホテルの質は良かったように感じました。

こちらはロビー。ウェルカムドリンクが出ました。





こちらは部屋です。ベットフワフワでした。


バスルームです。


部屋からの眺め。今回、デラックスオーシャンビューという部屋だったのですが、海はあまり見えませんでした(ノД`)シクシク




朝ごはんはビュッフェスタイル。ついつい食べ過ぎてしまう。。。和食と中華はほぼ無くて基本的にはミーゴレンとかナシゴレン等の現地の食べ物がメインです。その他にパン、サラダ、スープなども当然あります。


ブラックオリーブがおいしくて毎日食べてしまいました。


バリと言えばやっぱり海!でも泳いでる人は誰もいません。まぁ、プールがありますからね。マリンスポーツがすごく盛んでした。


海やプールのそばには屋根つきの休憩場所がいくつもあります。早めに行かないとなかなか場所が取れません。


中はこんな感じ。


続いてプール。プール自体は空いてるんですが、プールサイドの寝そべることのできるロングチェアが結構満員状態でした。






夜はガラッと雰囲気が変わります。


夕食はほぼホテル内のレストランで食べました。SUKUというレストランは目の前にプールが広がっているので雰囲気抜群です。










SUKUでは食事してる目の前で民族舞踊も堪能できます。


こちらは海沿いにあるシーフードのレストランです(名前は忘れました)。さざ波と心地よい風が最高でした。ちょっと高いけど料理も最高!


パエリアがオススメ。


なんか色々のってるやつ。


ご飯おいしいし、ホテルの人もすごく親切で細かいところにすごく気が付くすばらしい接客でした。バリっぽさという点ではグランドハイアットの方がありましたが、居心地は今回泊まったコンラッドの方が上でした。今度はどこのホテルに泊まろうか今から楽しみです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ