みなさん一番好きな鳥はなんだろうか?スズメ?ヒバリ?

 

私が一番好きなのは猛禽類。その中でもワシやタカは特に好きだ。理由は「カッコイイ」から。 奴らのあの鋭い眼や飛行時の姿を見ると本当にウットリとしてしまう。

 

 猛禽類(もうきんるい)は、鋭い爪と嘴を持ち、他の動物を捕食(または腐肉食)する習性のある鳥類の総称。ワシ、タカ、ハヤブサ、ハゲワシ、コンドル、フクロウなどが代表的である。

(via:Wikipedia)

 

これはタカが獲物を襲う瞬間をスーパースローモーションカメラで撮影したものだ。

鷹の捕食1

 

ターゲットに襲いかかる瞬間、羽をを横に広げてスピードを殺してるとこなんかカッコよくてブルってしまう。 

鷹の捕食2

鷹の捕食3

鷹の捕食4

 

やっぱり鳥類で一番カッコイイのは猛禽類で決定。異論は認めない。ちなみに猛禽類の英語はラプター(Raptor)で、最強と言われるアメリカのステルス戦闘機F-22の愛称でもある。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Windowsに最初からついてくるソフトのペイント。一度は使ったことがある人が大半ではないだろうか。

 

Hal Laskoさん(98歳!)はそのペイントを使って絵を描いており、The Pixel Painterと呼ばれている。

The Pixel Panter1

 

以下の絵は全部ペイントで地道に作り上げたものだ。

The Pixel Panter2

 

The Pixel Panter3

 

拡大してみるとペイントで描いているんだということがよくわかり、1ピクセル毎に丁寧に作り上げている感じが伝わってくる。

The Pixel Panter4

 

The Pixel Panter5

 

彼の作品はコチラから実際に購入することが可能だ。

The Pixel Painter from The Pixel Painter on Vimeo.

このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中にはしょーもないことに情熱を注ぐ人がいる。Amazonから発売されているKindleを改造してしまった例を集めてみた。

 

正直「なんの意味があるの?」という疑問が頭をよぎりまくるが、そこは彼らの飽くなき挑戦に免じで許してあげて欲しい。

 

温度計にしてしまった人

KindleにはCPUの温度が高くなりすぎた時のために温度計を持っている。通常はその温度を見ることはできないが、それを表示できるようにしてしまったものだ。あくまでKindle内の温度なので実用的ではないのは言うまでもない。

 

Kindle温度計

(via:Hack turns Amazon Kindle into a thermometer - Liliputing)

 

天気を表示してしまった人

こちらは天気予報を表示したもの。これなら実用的だがこうなってしまうと本を読むことができないので、やはり天気予報を表示したいなら専用のデバイスに任せたほうが良いだろう。

Kindle天気予報

(via:Kindle weather and recycling display)

 

PCのセカンドディスプレイにしてしまった人

 PCがあるのになぜKindleをセカンドディスプレイしようと思ったのか。全くの謎だ。E-inkを使っているので画面の切替が遅く、全く実用的でないのは明らかだ。

Kindleセカンドディスプレイ

(via:Use the Kindle e-reader as a second monitor - Liliputing)

 

動画で見るとより一層の使えなさがわかる。

 

やはりKindleは本を読むのが一番だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ