飛行機の着陸場の場所がそもそもおかしいのに、着陸の仕方がもっとおかしい飛行機をとらえた映像を紹介する。

 

場所はドイツのとあるビーチ。ビーチの先にはなぜか飛行機の着陸場がある。そしてさらになぜかその着陸場に超低空飛行で侵入してくる1台の飛行機が。

低空飛行の飛行機2

 

着陸地点直前のビーチには男性が気持ちよさそうに寝ているのに、それに気づかないかのようにあわや接触かと思われる低空飛行で着陸していく。。。

低空飛行の飛行機1

 

というか、途中にある杭のようなものを蹴散らして着陸したのでこれはやはり着陸する高度を間違えたのではないだろうか?一部始終はこちらの動画でみていただきたい。それにしても男性は危機一髪である。

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんなら氷を使って火をつけろ!と言われたらどうやるだろうか?

 

今回紹介する氷で火をつける技は中学生の知識と豊かな発想、あとナイフだけあれば実現することが可能だ。まずは氷を円柱状に削っていく。

How to make Fire from ICE YouTube 2

 

円柱状になった氷を手で溶かして、表面を透明にしていく。これが一番大変な作業かもしれない。ここで、少し凸レンズになるように作るのがポイントだ。

How to make Fire from ICE YouTube

 

あとは太陽の光を集光するだけで、火をつけることができる。まさに中学生の知識でできるサバイバル術だ。

How to make Fire from ICE YouTube 3

 

覚えておくとイザという時に役に立つことがあるかもしれない。氷が無かったら…その時は違う方法を考えよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日の猛禽類ネタに引き続き今日も猛禽類ネタ。

 

今日紹介するのは、なんとワシの背中に小型のカメラを取り付けて飛んでる時の映像を撮影してしまった非常に珍しい映像だ。これを見ると鳥になって飛んでみたくなることうけ合いだ。

Flying eagle point of view 1 YouTube

 

鳥というのは飛ぶ時、もっと羽ばたいてるイメージがあったけどほとんど羽ばたかず、滑空して飛んでるということが良くわかる。スピードはそんなに出ていないように見えるが、一体時速何キロくらいで飛んでるんだろうか。

 

それでは3本続けてご覧頂きたい。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ