カテゴリ: ゲーム

昨年末(2015年末)から動画作成意欲がふつふつと湧き上がり、2ヶ月ほどかけてゲームプレイと録画環境を揃えてきました。

 

はじめ、ゆっくり動画を作ろうと思っていたのだけど、編集に膨大な時間が必要でゲームをプレイする時間が全然とれないため、とちゅうから実況に切り替えてます。

 

そこで、いったい自分はゲーム実況のためにいくら遣ったんだ?と思い、機材等をまとめてみました。

 

【実況用機材】

キャプチャボード:Game Capture HD60 (18,590円)

HDMIスプリッタ(HDCP解除用):LEICKE KanaaNスプリッタ (2,599円)

マイク:Sony ECM-PCV80U (3,040円)

HDD:BUFFALO USB3.0 外付けハードディスク HD-LC3.0U3/N (10,480円)

動画編集ソフト1:PowerDIrector 14 Ultimate Suite乗換え・アップグレード版 (10,317円)

動画編集ソフト2:Adobe Premiere Elements 14 (12,035円)

 

IMG_6562  

動画編集ソフトを2個買った理由ですが、最初PowerDirectorでいけるかとおもっていたのだけど、編集して書き出すとどうやってもノイズというかチラツキが入ってしまったため、仕方なくPremiere Elementsを買いました。結果的にPowerDirectorは必要なかったです。

 

また、Premiere Elementsはパッケージ版であればMacとWindows版の両方がついてきて、ラインセンス的にもどちらのOSにもインストールして使うことができるため、かなりありがたかったです。

 

【ゲームプレイ用機材】(PCゲーム用)

CPU:Intel Core i5-4590 3.3GHz (28,540円)

マザーボード:ASUSTek H97-PRO (11,055円)

メモリ:Team デスクトップ用メモリ DDR3 1600MHz PC3-12800(8GBx2) (9,280円)

 

IMG_6619  

※Windows本体は昔使っていたものを押し入れから引っ張り出してきて、上記パーツに換装して使ったのでそこまでお金はかかりませんでした。

 

上記以外の必要機材についてはフリーソフトを調達しました。

 

全て合計すると105,936円!!!

 

まぁ、最低限実況動画が作れればいいと思えば、キャプチャボード以外はフリーソフトで対応できるので普通はこんなにかからないと思います。

 

個人的には動画編集のAviutlはすごい使いにくくて、編集に時間がかかりすぎるため有料の編集ソフトにしたわけですし。

 

今はこれらの機材を使って週に数本の動画をYouTubeとニコニコ動画に上げてます。慣れてくればもっと速いペースでもいけるかな。編集ペースが遅いので、撮影済み動画がどんどん増えていくのが難点といえば難点です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

みんな大好きモンスターハンター4が発売されてからもう3ヶ月を過ぎました。自分も例に漏れず買って、寝る間を惜しんでやりまくってたんですが、最近ようやく落ち着いてきました。

 

最近は発掘装備を求めて終わりのないハント生活を楽(苦)しんでします。

 

モンスターハンター4はNintendo 3DS対応ソフトなので、出先でやることも結構多いんですが、モンスターの弱点とか素材はどこでとれるのかとか調べたい時がまぁあるんですよね。そんな時いちいち携帯から攻略サイト見るのも面倒だし見づらいのでそういう時はiPhoneアプリを使って調べてます。

 

そこで、現時点でおすすめできるモンスターハンター4用のiPhoneアプリを紹介してみようと思います。

 

激狩4

モンスターハンター4が発売されて一番最初に出たのがこの「激狩4」。まさに元祖アプリ。 デザインは無骨で男らしさがにじみ出てますが、掲載されている情報は文句なし。ゲームを始めた頃はもの凄くお世話になりました。

 

スキルシミュレータ機能が最近実装されたんですが、スキルを3つ以上選びたい場合はPro版を購入する必要があります。検索速度が結構遅いので、専ら狩り情報のみ参照しています。武器の派生がすごく見やすいです。

 

激狩4 2.1(¥100)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, ソーシャルネットワーキング
価格: ¥100(最新価格はApp Storeで確認してください)

ss1 ss2

 

スキルシミュ for MH4

12月に入ってリリースされた新しいアプリ。ユーザーインターフェースがiOS7に準拠していて非常に使いやすい。デザインもシンプル。

 

スキルシミュというアプリ名ですが、モンスターや素材、マップ、スキル、装飾品、装備など全ての情報が網羅されています。これで無料は凄い!

 

武器の派生がどこからつながっているのかが見にくいのが難点。スキルシミュレータ機能はあの有名な「頑シミュ」に負けないくらいの精度で結果を出してくれます。お守りを登録するのが少し面倒くさいですが、現在出ているiPhoneアプリの中でまともにシミュレーションしてくれるアプリはこれだけです。

 

モンスターの弱点属性が一覧でみることができないのが唯一の不満でしょうか。

 

スキルシミュ for MH4 1.2(無料)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他
価格: 無料(最新価格はApp Storeで確認してください)

ss1 ss2

 

最後に

他にもいくつか専用アプリはいくつか出ているんですが、使えるレベルのものは今回紹介した2つのような気がします。モンスターハンター4 ザ・マスターガイドが発売されて詳細な情報が出始めてきているので、もしかしたら今後さらなる凄いアプリが出てくるかもしれませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは@fujitaijuです。

 

先日、ニンテンドーダイレクトでついにモンスターハンター4の発売日が9月14日と発表されました!夏発売ということだったので、8月くらいかと思ってましたがだいぶ遅れての発売ですね。今から待ち遠しくて鼻血がでそうです。

 

モンスターハンター4発売日決定

 

今回発表された情報や新CMで明らかになったことで嬉しいのは、古龍種や古参モンスターの復活、新モンスターの大幅投入でしょう。現時点で確定しているモンスターは以下のようになっており、MHP3のようなボリューム不足に悩まされることはなさそう。

 

確定モンスター(括弧は初登場のタイトル)

・草食種
 アプトノス(1) ケルビ(1) ポポ(2) リノプロス(3) ズワロポス(P3)
・甲虫種
 オルタロス(3) ブナハブラ(3) クンチュウ(新) アルセルタス(新) 
・獣人種
 アイルー(1) メラルー(1)
・鳥竜種
 ランポス(1) ドスランポス(1)
 ゲネポス(1) ドスゲネポス(1)
 イーオス(1) ドスイーオス(1) 
 イャンクック(1) ゲリョス(1)
 ジャギィ(3) ジャギィノス(3) ドスジャギィ(3)
 ガーグァ(P3)
・牙獣種
 コンガ(2) ババコンガ(2)
 ケチャワチャ(新) ウルクスス(P3) 
・飛竜種
 リオレウス(1) リオレイア(1)
 バサルモス(1)  グラビモス(1)
 ティガレックス(P2) フルフル(1)
 ガブラス(2)
・両生種
 テツカブラ(新) スクアギル(新) 
・鋏角種
 ネルスキュラ(新)
・蛇竜種
 ガララアジャラ(新)
・古龍種
 クシャルダオラ(2) テオ・テスカトル(P2G)
・不明
 ゴア・マガラ(新) ジエンもどき(新) ヘビ型超大型モンスター(新) サメ型モンスター(新) 蠍蟹型モンスター(新)

 

モンスターハンター4テオ テスカトル復活

 

クシャルダオラとテオの復活はなによりも嬉しいところ。テオが復活したということはナナ・テスカトリも復活する可能性が高いですね。あとはオオナズチですか。個人的にはオオナズチは苦手モンスターなので復活しなくてもいいんですが(笑)

 

今回発表された最新プロモーション映像は以下になっています。あとは9月14日の発売まで情報が小出しに出てくることが予想されるのでそちらも楽しみです。

 

さらにモンスターハンター4仕様のニンテンドー3DS LLが数量限定で発売されるようなので、欲しい人は要チェックです。恐らくAmazonやヨドバシでの予約争奪戦になることが予想されますので。

モンスターハンター4オリジナルニンテンドー3DS LL

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

モンハン大好き@fujitaijuです。

 

夏の発売が待たれるモンスタハンター4(以下MH4)ですが、公式サイトに新情報が追加されていました。

 

今回追加されたのは新しいフィールド「未知の樹海」と、新モンスター「絞蛇竜 ガララ アジャラ」、「クンチュウ」、それにチャージアックスの情報です。

 

MH4新フィールド 未知の樹海

 

今までのモンスターハンターでは初めての蛇系モンスターのガララ アジャラ。

MH4 絞蛇竜 ガララ アジャラ

 

クンチュウは扱い的にも雑魚モンスターでしょうか。「近づくものには丸まり転がって突進する」ってかなりウザそう。3代目ホーミング生肉でしょうか。

MH4 クンチュウ

 

それにしても毎回情報を小出しにして射幸心を煽るのがうまいですねカプコンさんは。早く発売日決めてくれないと発狂しちゃうよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは@fujitaijuです。

 

本当だったらもうあと少しで発売されていたであろうモンスターハンター4。突然の発売延期を聞いたときは涙を流したものです。

 

予定通り発売されていれば、手持ちのNintendo 3DSでプレイしていたんですが、発売日が夏になるなら3DS LLに買い換えようと思い、発売まであと数ヶ月もあるのに、3DSを売って3DS LLを購入しちゃいました(笑)

 

本体の質感は3DSのプラスチック丸出しな感じとは違い、ちょっと高級感が漂います。3DSに慣れていたせもあって、持った時の印象は「重い」。でもこの大きさなら許容範囲内ですね。

Nintendo 3DS LL 1

 

3DSに比べて、画面サイズは1.9倍になっています。こんなデカイ画面でモンスターハンター4ができるなんてオラわくわくすっぞ!

Nintendo 3DS LL 2

 

画面サイズだけならPSPよりも大きいです。

Nintendo 3DS LL 3

 

DSでモンハンやるなら必須の拡張スライドパッドも同時購入。これつけるとデカイし重いしでちょっと持ち歩きには向きませんね。

Nintendo 3DS LL 4

 

手で持ってみるとこんな感じ。片手だとかなりシンドいです。

Nintendo 3DS LL 5

 

とりあえず持っていたモンスターハンター3Gで腕を慣らしつつ、ファイナルファンタジーⅢをやりながら夏の発売を待ちたいと思います。

 

発売予約開始のメールに登録してない人は登録しておきましょう。

 

新しい武器が2つ追加されたり、フィールドが一新されたり、過去のモンスターが復活したりとかなり期待できそうです。夏まで待ちきれねぇ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ