カテゴリ: インドネシア

こんにちは。@fujitaijuです。

 

過去のバリ島旅行から定期的に情報を小出しにしていますが、今回はサヌールにあるイタリアンレストラン「Massimo(マッシモ)」を紹介します。

 

 


View Larger Map

 

バリ島なのにイタリアンかよ!と思ったあなた。だまされたと思って一度行ってみるといいです。私はだまされて行きましたが旅行中に3度もリピートしてしまいました。行くなら到着二日後以降がベストですね。

 

バリハイアットを出て南に500mくらい歩いていくと入り口にアイス屋さんが併設されているお店が見えてきます。これがMassimoです。店先はアイス目当ての欧米人がワイワイしてることが多いです。お店はかなり広く壁一面になにやらポスター満載。

バリ島サヌール マッシモ1

 

なんか謎のお通しみたいなのが出てくるんですが(ガドガドのかわり?)、これがまたうまい。何でできてんのよ!という感じ。

バリ島サヌール マッシモ5

 

一番のおすすめはありえないくらい安いピザ!30cm以上あるのに値段は500〜500円とかマジ神です。しかもめちゃウマ!左はマルゲリータで右はジェノベーゼ。ピザ職人が神がかってるので、どんなに混んでてもオーダーしてからすぐ出てきます。

バリ島サヌール マッシモ2

 

こちらは夜に行ったとき撮影したジェノベーゼ。

バリ島サヌール マッシモ6

 

これがそのピザメニュー。

バリ島サヌール マッシモ4

 

 

お決まりのナシゴレン(右画像)。インドネシア料理もちゃんと置いてあります。右はツナのグリルなんですが、真ん中についてるガーリックオイルをつけると超絶うまい。もうとにかくヤバイ。

バリ島サヌール マッシモ3

 

エビのグリル。

バリ島サヌール マッシモ7

 

デザートもうまっしも!

バリ島サヌール マッシモ8

 

奥の方にはエアコンが効く部屋があります。20人くらいしか入れない小さめの部屋です。

バリ島サヌール マッシモ9

 

食後はアイス屋さんでアイス食べるのもいいですよ。これで20,000ルピア。味は絶品。溶ける速さはご愛敬。

バリ島サヌール マッシモ10

 

というわけで、バリ料理が苦手な人や飽きてしまった人は絶対に行った方がいいです。17~18時なら余裕で入れますが、19時を過ぎると満席で入れないので早めに行った方がいいですよ。予約もできるので英語ができるなら事前に予約しておくと確実です。

 

また、WiFiが無料なので店員さんにパスワードさえ聞けばすぐ使えるようになります。とにかくここは最高のお店です。サヌール本当に良いところ。

 

サヌールについてはこちらのエントリもおすすめです。

[太]バリ島のサヌールに行く人に読んで欲しい。スーパーマーケット『Hardy's』レポ。 | Fujitaiju Blog -There is no border in the Internet!-
今回はバリ島のサヌール(Sanur)に行く人にぜひ読んでもらいたいエントリです。 サヌールのバリハイアットなどホテルやお店がひしめくDanau Tamblingan通りにHardy’s(ハーディーズ ...

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

1年くらいバリ島に住んでみたいと思っている@fujitaijuです。

↓ちなみにバリ島はこんな形です。


大きな地図で見る

一時期に比べバリ島ブームも影を潜めつつありますが、それでも日本人には人気のリゾート地ですね。

 

そんなバリ島の1930年頃を撮影した貴重な資料映像がありました。

ちなみに1930年はクライド・トンボー冥王星を発見した年です(関係ない

 

前編英語で字幕も無いですが、雰囲気だけはしっかり伝わってきます。

12年後の1942年には第二次世界大戦によって日本軍の統治下に置かれることになります。

(但し、日本軍はオランダ軍を排除した解放者として割と友好的に迎えられた)

  

バリ島の民族音楽であるガムランは現代と比べても全く変わってないです。

この音を聴いてると非常に落ち着きます。

 

バリは芸術の村ウブド、美しい海岸線でサンセットを見れるジンバランと素晴らしい場所がたくさんあるところです。

また、日本語が結構通じるし、日本人にはかなり友好的ですので一度行ってみてはいかがでしょうか。

まっぷるバリ島’12 (まっぷる海外版)

昭文社 2011-05-20
売り上げランキング : 51681
by ヨメレバ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Gamelan Gita AsmaraGamelan Gita Asmara / Vancouver 125


インドネシア語検定E級の試験が2012月1月15日なので、残り一ヶ月を切ってしまいました。正直ほぼ勉強できてません(泣)ですが、仕事がようやく落ち着いたので、なんとかここから一ヶ月で合格できるように頑張ります(E級だからなんとかなるだろう!)。

それに先立ち、3冊の参考書を購入。インドネシア語はなかなかにマイナーな言語だとは思いますが、参考書はそこそこ数が出てるように思います。コチラにあるインドネシア語テキストのオススメを参考に、次のものを購入しました。一応検定のD級とE級レベルの内容になっているようです。




最後のやつはテキストではなく、検定の過去問ですね。ちなみに上記の3冊全て、普通の本屋やAmazonでは売ってなくて、限られた書店でのみ販売されてます。ちなみに私は池袋のジュンク堂で買いました。

らくらくインドネシア語初級の中身はこんな感じ。文法項目と、それに対する練習問題がついていて、学習した内容を問題で確認できるようになってます。説明もすごくわかりやすく、おまけにCDも付いているので音の確認もできます。文法の学習はこの本だけあれば他は必要ないと思います。



こちらはちょばちょばインドネシア語1問題集です。これは完全に問題集です。過去問だけでは正直不安だったので購入しました。解答をもっと詳細に解説してくれればもっと良い本になるのに!



最後は検定の過去問です。C,D,E級の2回分の過去問が入ってます。ありがたい事にCD付きなんですよね。試験を受けたことはないのでわからないのですが、恐らく試験中に流れるリスニングの音源そのままなのだと思います。試験の雰囲気がわかるのでかなり助かります。



年末年始の休みをフル活用して合格できるように頑張ります。

このエントリーをはてなブックマークに追加


2012年1月15日に行われる、インドネシア語技能検定試験に申し込みをしました。レベルは一番下のE級。なんで英語じゃなくてインドネシア語なんだよ!という感じですが、それは純粋にインドネシア(特にバリ島)が好きだからです。

現地に旅行した時に、現地の言葉で現地の人と話をしたい。ただそれだけですね。前回バリに行った時は単語レベルでしか話せなかったので、今度行く時(予定は無いですが。。。)はコミュニケーションできるようにしていくつもりです。

実はインドネシアって人口ランキング第4位なんですよね。その数は2億人を越えてます。そしてインドネシア語はマレー語に非常に良く似ていて(というか自分的には区別がつかない)、総話者数はかなりの数になります。

まぁ、インドネシア語を学ぶ一番の理由はインドネシアとそこに住む人が好きだからですね。

言語だけでなく、インドネシアのことを知るためにこの本も買いました。残念ながら絶版のようなのでマーケットプレイスで購入。インドネシア関係の本はまだまだ少ないですね。







キャシー ドレイン 河出書房新社 1998-02
売り上げランキング : 210585










by ヨメレバ




あと、インドネシア語って交易語と使われていたため(というか開発されたため)学習障壁がすごく低いらしいです。確かに時制はないし、動詞の格変化も無いし、単語力さえあればなんとかなってしまうのも特徴ですね。

というわけで、二冊のインドネシア語の本を買って目下勉強中です。こちらはよく使う表現を集めて体に馴染ませながら学んでいくという感じの本です。文法的な説明はほぼ無いので、この本だけでは全然足りないと思います。








ドミニクス・バタオネ 中経出版 2006-03-07
売り上げランキング : 17924










by ヨメレバ



こちらは逆に文法的に学習を進めていきたい人向け。二冊目に最適なんではないでしょうか。上巻と下巻にわかれてます。








ホラス 由美子 スリーエーネットワーク 2005-04
売り上げランキング : 57998










by ヨメレバ



ある程度力がついたら過去問で仕上げをしたいと思ってます。

来年の夏にまた行けるように頑張らねば。楽しみです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

バリ旅行7日目は飛行機の中なので、今回のバリ旅行での感想や余った写真などを放出します。

デンパサール空港から成田への直行便だったのですが、登場予定のゲートに行ったら搭乗口が無い。ん?どういうこと?と奥様と迷っていたらどうやら飛行機があるところまでバスで行くらしい。初めての体験でしたよ。

お陰で飛行機を間近で撮影することができました。





ジェットエンジンたまらないですね。



成田着陸2時間前くらいに出てきた機内朝食。ガルーダの機内食はJALより美味しいです。



さて、ここからは余った写真放出です。

アヤナリゾートは結婚式用のチャペルもあります。日本人がデザインしたらしい。





夜のホテル。色使いがうまいです。





夜のプールは幻想的。



GENGARA KERAMICで購入した物たち。



これはお香立てですね。



今回泊まったのはアヤナリゾートでしたが、今までバリで泊まったどのホテルよりも最高でした。

従業員の質、料理の美味しさ、内装や照明、どれをとっても「あぁ、また来たいな」と思わせるものばかりでしたね。高級リゾートだからといって従業員も全然気取ってないし、むしろ気さくな人達ばかり。

その点、去年泊まったコンラッドは、気さくというよりはスタイリッシュという感じの従業員が多かったです。私はアヤナの方が好きでしたね。これは好みの問題だとは思いますが。

来年もまた行くために色々頑張ります!

[tmkm-amazon]4478040753[/tmkm-amazon]

バリ旅行1日目。
バリ旅行2日目。
バリ旅行3日目。
バリ旅行4日目。
バリ旅行5日目。
バリ旅行6日目(最終日)。
バリ旅行7日目(番外編)。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ