2013年12月

2013年も今日で終わり。

こんにちは@fujitaijuです。

 

今年は本を良く読んだ。読書メーターで記録をつけていたのだけれど、その数なんと220冊。今までの自分からしたら考えられない量の本を読んだと思う。

 

その中でも特にオススメしたい5冊を厳選して紹介したいと思う。なお、シリーズ物は1冊とカウントしている。

今年の本ベスト5 2013

 

世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド上・下 村上春樹

友人に薦められて読んだ初の村上春樹。パラレルに進む物語は理解するのが難しかったが、読者をグイグイ引き込んでくるのであっという間に読んでしまった。

高い壁に囲まれ、外界との接触がまるでない街で、そこに住む一角獣たちの頭骨から夢を読んで暮らす〈僕〉の物語、〔世界の終り〕。老科学者により意識の核に或る思考回路を組み込まれた〈私〉が、その回路に隠された秘密を巡って活躍する〔ハードボイルド・ワンダーランド〕。静寂な幻想世界と波瀾万丈の冒険活劇の二つの物語が同時進行して織りなす、村上春樹の不思議の国。

1Q84 1~5巻 村上春樹

こちらも村上春樹。本格的に村上春樹にハマったきっかけとなった本。文庫本で5冊もある長編だが、ダラダラ進む感じはなく、まったく苦にならなかった。Amazonのレビュー等の評価はそれほど良くないが、個人的には村上春樹の中でベスト3に入る本。

1Q84年―私はこの新しい世界をそのように呼ぶことにしよう。青豆はそう決めた。Qはquestion markのQだ。疑問を背負ったもの。彼女は歩きながら一人で肯いた。好もうが好むまいが、私は今この「1Q84年」に身を置いている。私の知っていた1984年はもうどこにも存在しない。…ヤナーチェックの『シンフォニエッタ』に導かれて、主人公・青豆と天吾の不思議な物語がはじまる。

夜市 恒川光太郎

恒川光太郎のファンとなるキッカケとなった本。「夜市」と「風の古道」の2編からなる。表題の夜市では2005年の日本ホラー小説大賞を受賞している。個人的には夜市よりも風古道の方が面白かった。恒川光太郎にしか出せない幻想的で少し寂しく悲しい文体は読むものを惹きつけてやまない。

何でも売っている不思議な市場「夜市」。幼いころ夜市に迷い込んだ祐司は、弟と引き換えに「野球選手の才能」を手に入れた。野球部のエースとして成長した裕司だったが、常に罪悪感にさいなまれていた――。

わたしの外国語学習法 ロンブ・カトー

14もの言語を操る著者が、その学習法を惜しげも無く披露した本。外国語習得のコツ、どのような人が外国語をマスターし易いのかなど、外国語(特に英語)をマスターしたいと思っている人には喉から手が出るほど欲しい内容ばかり。学習を始める前にまずはこれを読んでも損はしないはず。

14のヨーロッパ系言語と中国語、日本語を、ほとんど自国を出ることなく、純粋に学習という形で身につけてしまった女性の外国語習得術。25年間に16ヵ国語を身につけていく過程と秘訣をつつみ隠さず公開してくれるこの本は、語学の習得にあたって挫折しがちなわたしたちを、必ず目的の外国語は身につけられるという楽天主義に感染させてくれます。通訳者、翻訳者の入門書としても好適。

新世界より 上・中・下 貴志祐介

エンターテインメントとしてとても面白かった作品。貴志祐介の作品はこれが初めてだったが、これがキッカケで著者の作品を全部読んでしまった。今までに無いこのファンタジーの世界は大人が読むに相応しい。次の日仕事にもかかわらず、寝る間を惜しんで読んだのを覚えている。

1000年後の日本。豊かな自然に抱かれた集落、神栖(かみす)66町には純粋無垢な子どもたちの歓声が響く。周囲を注連縄(しめなわ)で囲まれたこの町には、外から穢れが侵入することはない。「神の力(念動力)」を得るに至った人類が手にした平和。念動力(サイコキネシス)の技を磨く子どもたちは野心と希望に燃えていた……隠された先史文明の一端を知るまでは。

サリンジャーやフィッツジェラルドなど、外国の作家も最近気になっているので、来年はそのあたりも読んでいきたいと考えている。読書は冊数で測れるものではないが、今年の220冊を超える本を読んでみたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年も残すところあと3日。

 

ちょっと出遅れてしまった感はあるけども、今年もRyoAnnaさんの企画に乗っかって2013年、定番になったアプリたちを紹介していきたいと思う。

 

TheWorld for iOS

玄人向けTwitterクライアントアプリ。お世辞にもデザインが洗練されているとは言えないが、フリックでサクサク切り替え可能なリスト、カラースキームのカスタマイズ性、読み込みの速さ、どれをとっても一級品。これで無料なのだから驚き。Tweetbotから完全に乗り換えてしまった。

TheWorld for iOS
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, エンターテインメント
価格: 無料(最新価格はApp Storeで確認してください)

ss1 ss2

 

Duolingo

完全無料でスペイン語やイタリア語、ドイツ語などを勉強できる。無料にも関わらずプラクティスの数は豊富で、これをやり切ればその言語の初級はマスターすることができるはず。アップデートが頻繁でどんどん使いやすくなっており、取り扱う言語も増える予定なのでこれからにも期待できる。 

Duolingo - Learn Languages for Free
カテゴリ: 教育, ソーシャルネットワーキング
価格: 無料(最新価格はApp Storeで確認してください)

ss1 ss2

 

Lift

習慣継続を支援してくれるアプリ。SNS機能も備えており、気に入った人をフォローしたり、Facebookで言ういいね!ができる。習慣を継続するにあたって仲間がいるというのは心強い。アプリの更新もかなり頻繁に行われており、機能改善が目覚ましい。

Lift - Daily Motivation
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, 仕事効率化
価格: 無料(最新価格はApp Storeで確認してください)

ss1 ss2

 

UBiO

これを使い始めてから、Apple純正のMusicアプリは使わなくなってしまった。小難しい設定を一切することなく、音質を劇的に高めてくれる。純正アプリに不満の方は買って損はしないはず。 500円の価値は十分にあり。

UBiO
カテゴリ: ミュージック, ユーティリティ
価格: ¥500(最新価格はApp Storeで確認してください)

ss1 ss2

 

Felix

App.netのクライアントアプリ。素晴らしいUIやデザインが特徴で、Twitter版も出してほしいと思うほど。App.netのクライアントとしては機能・デザイン共に独走状態だと思う。

Felix (iPhone Edition)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: ¥300(最新価格はApp Storeで確認してください)

ss1 ss2

 

Reeder 2

言わずもがな有名なRSSリーダーアプリ。Reeder2として別アプリとして発売されたが、ジェスチャー機能が強化されていてさらに使いやすくなった。今までNewsifyを使っていたが完全に乗り換えてしまった。 

Reeder 2
カテゴリ: ニュース
価格: ¥500(最新価格はApp Storeで確認してください)

ss1 ss2

 

Mailbox

一日に数十通はメールを受け取るのでスワイプでガシガシ処理していけるところが重宝している。Gmail以外に対応してくれれば文句なし。

Mailbox
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
価格: 無料(最新価格はApp Storeで確認してください)

ss1 ss2

 

Due

これ無くしては生活が成り立たないほどヘビーユースなリマインドアプリ。解除するまで何度でもリマインドしてくれるのはウザイが絶対に忘れてしまうことはない。あまりに便利すぎるので記憶力が低下するのではないかと心配しているところ。

Due 〜 リマインダー、タイマー、アラーム
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
価格: ¥300(最新価格はApp Storeで確認してください)

ss1 ss2

 

ウィズダム英和・和英辞典 2

iOS7に完全対応し、洗練されたデザインや表示の見やすさは他の追随を許さない英語辞典。フリックやシェイク時の動作も便利。英和の見出し語は約102,000、和英の見出し語は約90,000と英語上級者でも満足のいく内容。英和和英を買うならまずこれ。

ウィズダム英和・和英辞典 2
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
価格: ¥1,500(最新価格はApp Storeで確認してください)

ss1 ss2

 

ロングマン現代英英辞典プラス

デザインは無骨ながら、見出し語230,000語と圧倒的な数を誇る英英辞典。アメリカ英語とイギリス英語の両方の発音が収録され、オフラインで聴くことが可能。例文や動画はオンラインが必須。値段は高いが英語の勉強を一歩前に進めたいなら必須なアプリ。

ロングマン現代英英辞典プラス
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
価格: ¥3,300(最新価格はApp Storeで確認してください)

ss1 ss2

 

最後に

去年の同じ時期に同様の記事(総入れ替え!「2012年定番になったアプリ10個」 #2012app)を書いたが、その時はもう新しく定番になるアプリはもう殆ど無いだろうと思っていた。だが1年で素晴らしいアプリが続々と登場し、去年のホーム画面とは全く違うものになってしまった。そう考えると来年もまた楽しみだ。

IPhoneホーム画面

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年もあとわずか。

どうもこんにちは@fujitaijuです。

 

2011年から続けている「買ってよかったものシリーズ」。今年もやっていきたいと思います。

 

第一位 iPad Air 64GB

 iPadは第一世代の超重いやつしかつかったことが無かったので、Airの軽さに驚愕し買ってしまいました。本当はiPad mini Retinaを買う予定だったんですが、2つを同時に持ってみて「重さ変わんねーじゃん!」ということでAirに。

 

主に自炊した本を読んだりRSS消化したり、Kindle読んだりに使ってます。

IPad Air

 

第二位 THERMOS 真空断熱ケータイマグ

 会社にウォーターサーバーがあるので、それ用に。ネットでも評判が高かったですが、実際使ってみてその保温性には驚きました。真夏の朝に氷と水入れて、夕方までその氷が残ってるとか凄すぎでしょ。ねぇ?

 

軽いし、細身でスタイリッシュだし、大容量だしで文句なしの逸品です。

THERMOS 真空断熱ケータイマグ

 

第三位 LIHITLAB バッグインバッグ

 収納ポケットが少ない通勤用バッグの欠点を補うべく買った品。費用対効果は抜群。収納が少なく、いつも物が散乱していたバッグがメチャクチャ綺麗になりました。ポケットや収納の少ないバッグを使ってて困っている人は買って損はしないですよ。

 

サイズA4とA5の2種類、色は橙、茶、黄緑、黒の4色から選べます。

LIHITLAB バッグインバッグ A4 A7554 9

 

第四位 iPhone5S

 指紋認証すげぇ便利。だけどそれ以外はiPhone5から変わってない印象。iPhone5のスリープボタンが効かなくなったのを機に買いました。

IPhone5s

 

第五位が モンスターハンター4

半年近く発売延期してようやく今年の9月に出てハマりまくったゲーム。MHP2G時代の難易度が戻ってきて嬉しい半面、どうやってもソロでクリアできないクエストが多いのがちょっと残念。オンラインで友達とワイワイが基本なんでしょうけど、ボッチの自分には少し厳しい難易度でした。

モンスターハンター4

 

第六位 PS VITA

FF10がリマスターされて出るということで買ってしまったモノ。とにかくグラフィックがキレイでNintendo 3DSは本当にクソだと想った。解像度は220ppiと、Retinaに近いものを誇ります。そりゃキレーだわな。 

PS VITA

 

まとめ

iPhoneもiPadも最新型を買ってしまったので、2014年は買うものがないなーと思いつつ、新しいのでたら買っちゃうんだろうなーと思いつつ年を越したいと思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

スクリーンショットをiPhoneやiPadの画面にハメ込んだ画像を作りたいなら「Screenshot Maker Pro」がオススメだ。理由はただ一つ。これ一つで最新のiPhone5sやiPhone5c、iPad、iPad mini、はてはMacbook、iMacなど50種類以上のフレームに対応してくれるからだ。

 

Screenshot Maker Pro 1.2(無料)
カテゴリ: ユーティリティ, 写真/ビデオ
価格: 無料(最新価格はApp Storeで確認してください)

 

対応しているフレームは以下の通り。iOSデバイスだけでなく、Android端末もサポートしているところもポイント。

iPhone5S Space Gray
iPhone5S White
iPhone5S Gold
iPhone5S 3/4 Space Gray (iOS6-)
iPhone5S 3/4 White (iOS6-)
iPhone5S 3/4 Gold (iOS6-)
iPhone5C Blue
iPhone5C Red
iPhone5C Yellow
iPhone5C Green
iPhone5C White
iPhone5C 3D Blue (iOS6-)
iPhone5C 3D Red (iOS6-)
iPhone5C 3D Yellow (iOS6-)
iPhone5C 3D Green (iOS6-)
iPhone5C 3D White (iOS6-)
iPhone4S
iPhone4S White
iPhone4S Landscape
iPhone4S Landscape White
iPhone4S Gravity (iOS6-)
iPhone5
iPhone5 White
iPhone5 Landscape
iPhone5 Landscape White
iPhone5 3D (iOS6-)
iPhone5 3D White (iOS6-)
iPhone5 3/4 (iOS6-)
iPhone5 3/4 White (iOS6-)
iPhone5 Flat
iPhone5 Flat White
iPhone5 Gravity (iOS6-)
iPad
iPad Landscape
iPad 3/4 Right (iOS6-)
iPad 3/4 Left (iOS6-)
iPad mini
iPad mini White
iPad mini Landscape
iPad mini Landscape White
MacBook Pro
MacBook Pro 90 Left (iOS6-)
MacBook Pro 90 Right (iOS6-)
MacBook Pro 3/4 Left (iOS6-)
MacBook Pro 3/4 Right (iOS6-)
iMac
iMac Right (iOS6-)
iMac Left (iOS6-)
Nexus S
Xperia X10
Windows Phone
HTC Titan
Galaxy S III
Galaxy S III White
など

 

機種だけでなく、様々なフレームにも対応している。

Screenshot Maker Pro5

 

Screenshot Maker Pro6

 

 

画像を選択するだけで以下のような画像が簡単に作れてしまう。

Screenshot Maker Pro1

 

Screenshot Maker Pro2

 

Screenshot Maker Pro3

 

注意点としては無料版だと1日に2つまでしか画像を保存できないこと。アプリ内課金で300円を支払えば保存無制限&広告非表示にすることができる。ブログに美しいスクリーンショットを載せたいのならこの「Screenshot Maker Pro」が断然オススメだ。

 

Screenshot Maker Pro 1.2(無料)
カテゴリ: ユーティリティ, 写真/ビデオ
価格: 無料(最新価格はApp Storeで確認してください)

このエントリーをはてなブックマークに追加

発売日に買ったiPhone5のスリープボタンが、押しても全く効かなくなってしまいました。これだとスクリーンショットを撮る時に困るので、分割支払金を払っている途中ですが、iPhone5sに機種変してきました。

 

近くのソフトバンクショップに開店と同時に入って30分ほどで機種変完了。対応してくれたおねーさんがお父さんランチボックスもつけてくれました。

Softbank お父さんランチボックス1

 

以前からショップに飾ってあって気になってたお父さんシリーズ。思いがけずもらうことができてしまった。1段目と2段目を抑えるゴムバンドが首輪になってるというデザイン。

Softbank お父さんランチボックス5

 

お父さん部分は取り外しが可能なので、恥ずかしい人は普通の弁当箱としても使用可能。

Softbank お父さんランチボックス3

 

1段目の小さいほうがおかずを入れる方で、容量は260ml。大きい方がご飯で容量は540ml。普通の弁当箱に比べて結構大きいです。ご飯がモリモリ入りますね。蓋以外は電子レンジにも対応。

Softbank お父さんランチボックス4

 

説明書には「完全密閉容器ではありませんので汁漏れの可能性があります」と書いてありますが、蓋は割りとピッチリ閉まるので余程のことが無い限り水分が漏れることはなさそう。

 

いやー、思いがけず良い物をもらいました。今度からこれで弁当持って行こうかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ